カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
天気予報
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

米アカデミー賞の審査対象に日本の長編アニメ3作品がノミネート・他

 こんばんは、朱雀です。
 最近、体の異変に気づき、酷いショックを受けて凹んでいます。
 遺伝もあるのでしょうが、老化というのは本当に恐ろしいですね……。

 本題です。
 アメリカ映画芸術科学アカデミーは11月5日、2014年度のアカデミー長編アニメ賞候補の審査対象となる19作品を発表しました。

(元ソース)
■The ACADEMY|19 Animated Features Submitted For 2013 Oscar®Race
 http://www.oscars.org/press/pressreleases/2013/20131105.html

 日本より選ばれた3作品は、以下の通りです。
・風立ちぬ
・ももへの手紙
・劇場版魔法少女まどか☆マギカ 新編

 正式候補は、数作品に絞り込まれた上で来年1月16日に発表されます。
 受賞作の発表は、来年3月2日にロサンゼルスのハリウッドで行われる予定です。

 全作品が正式候補に残ることを祈るばかりです。



 続いてもう一つ話題を取り上げます。
 こちらは少々古いニュースです。

 現在放映中の劇場版アニメ『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』が、第26回東京国際映画祭の「特別招待作品」として、9月10日にワールドプレミア上映が行われました。
ワールドプレミア=映画界において、世界で最初に作品を披露する試写会。
 またプレミアとは、演劇・映画・楽曲における初演の意。

(元ソース)
■映画.com|「プリキュア」が東京国際映画祭でワールドプレミア! 子どもたちも大はしゃぎ
 http://eiga.com/news/20131020/9/

 今でこそジブリアニメが一般にも知れ渡って絶大な人気を得ておりますが、東映作品も安定した上手さがあって、私は昔から東映作品が好きですね。
 過去の作品全てに言えることですが、作画、脚本、演出ともに平均点以上を維持しているのは流石だと思います。端的に言えば『ハズレ(作品)が少ない』のです。
プリキュアシリーズ、おじゃ魔女どれみ、明日のナージャ、夢のクレヨン王国など、オリジナル作品も名作揃いです。

 私が子供の頃に見た「長靴を履いた猫」は、今見ても素晴らしいエンターテイメント作品だと思っております。
 ジブリの宮崎氏も、「東映動画時代にアニメ映画のイロハを覚え、アニメーションにおける娯楽映画とはどのようなものなのかを考え学んだ」と、雑誌のインタビューで語られております。
 それは言い換えますと、ジブリ作品にも東映動画の血脈が受け継いでいるとも考えられます。
 確かに、「未来少年コナン」や「名探偵ホームズ」、劇場版「ルパン三世 カリオストロの城」などは、長靴を履いた猫に通じる"東映臭さ"といった、一種独特な娯楽性を感じさせます。
 もちろん異論もあるかと思いますが、あくまでも私見ですのでご容赦下さると幸いです。

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl