カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

角川GHD、9子会社を吸収して事業会社に! ラノベレーベルの統廃合来るか!?

 こんにちは、朱雀です。
 仕事も3分の2が片付き、精神的には多少の余裕も出てきました。
 とは言えこの業界、締め切りを守らないとお金になりませんから、気は抜けません!

 本題です。
 
 角川グループの持ち株会社・角川グループホールディングスは、平成25年10月1日付けで連結子会社9社を吸収合併し、社名を『株式会社KADOKAWA』(ブランド名を『KADOKAWA』)に変更して事業会社化すると、3月28日の取締役会で決議されました。

(ソース元)
■ITmediaニュース
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/28/news085.html

■(PDFファイル)連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ
 http://www.kadokawa-hd.co.jp/topics/20130328_csmch.pdf

角川GHD、9子会社を吸収して事業会社に

 本案件は、6月22日開催予定の株主総会で承認されると、正式決定となります。
 吸収されるのは以下の連結子会社となります。
・角川書店
・アスキー・メディアワークス
・メディアファクトリー
・エンターブレイン
・富士見書房
・中経出版
・角川学芸出版
・角川プロダクション
・角川マガジンズ
 の9社。

 以後は「KADOKAWA」ブランドのもと、コンテンツ(IP)と顧客(ID)を1つの会社に統合・結集して、国内外での事業展開強化に邁進するとのこと。



 この吸収合併が正式に行われた場合、一体ラノベレーベルはどうなるのでしょう?
 有名レーベルだけを例に挙げてみますと、『電撃文庫』『ファミ通文庫』『MF文庫J』『富士見ファンタジア文庫』『角川スニーカー文庫』などは、一つのレーベルに統廃合されそうです。

 特に『電撃文庫』『ファミ通文庫』『MF文庫J』は、人気の高いレーベルという事もあり、これらを統合するだけでも、ラノベ業界では圧倒的なシェアを持つ事になります。

 現段階では何とも言えませんが、統廃合が進めば、街の本屋さんは助かると思います。
 毎回新規レーベルが増える度に本棚の陳列スペースを確保するのは、結構大変だと聞いた事があります。

 社内の部署同士でも競い合い、切磋琢磨していくかどうかで、最終的にレーベルをどうするかは決まりそうですね。
 それぞれのレーベルに『KADOKAWA』の文字を入れて『KADOKAWA電撃文庫』などの形で残すのか、現存する『角川スニーカー文庫』へ統合させるのか、全く違う『新レーベル』で統合するのか……。
 果たして、どうなるのでしょうね。

 何れにしても、編集部の人事異動や作家さんの移籍なども含め、水面下では様々な問題も浮上しそうです。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

Comment

No title

>風城 徹さん
こんにちは。
やはりそう思われますか。私も同感です。
作家さんのリストラは、どこの編集部でも普段から行われていますから、統廃合によって作家さんの数が膨大になるとなれば、なおさらかも知れませんね……。
世知辛い世の中です。
コメントありがとうございました。

No title

 出版不況ですから、
複数の似通った物を統合するのはある意味当然と言えば当然ですね。

 レーベルごとの特色もほとんど同じようなものですから。

 ここで結構な数の作家さんがリストラされるのでは?と思っています。

 なんだか気の毒ですが。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl