カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ulilithの設定(環境限定版)

 こんにちは、朱雀です。
 本日は久しぶりに、PCオーディオについて記事にしようと思います。

 Windowsパソコンで音楽を聴くソフトとして誰もが知っているのは『Windows Media Player』だと思います。
 しかし『Windows Media Player』には致命的な欠点がある為、音楽を愛する人々からはとかく敬遠されがちです。

 ↓以下のサイト様で、なぜ『Windows Media Player』は音が悪いのかが分かりやすく説明されています。
■絵のない絵本 カーネルミキサーを回避した音声再生
 http://ameblo.jp/t87rt87r/entry-10448727973.html

 専門的ですが、こちらも参考になります。
■ありぱぱP レポート Windows Media Playerは音質が悪い? 2012年11月11日
 http://dgo.xsrv.jp/alipapa/wmp/

 私は以前、音楽再生ソフトとして『foobar2000』と『Frive Audio』を使っていました。
 これは、当時使用していたヘッドホンとの相性が良かったからです。
 過去記事にもレビューがありますので、興味のある方はどうぞ!

■音楽再生ソフトを、アニソンで聴き比べてみました
 http://suzaku7.blog87.fc2.com/blog-entry-69.html

 長年使っていたそのヘッドホン(SONY MDR-CD950)もついに壊れてしまったので、今年の2月頃に『Victor HP-RX900』という、コストパフォーマンスに優れたヘッドホンを新調しました。

 このヘッドホンと相性が良い再生ソフトは、数ヶ月にも及ぶ試聴の末、Project9Kの『ulilith』が良いという結果となりました。

 まずは導入部分という事で前置きが長くなりましたが……お待たせしました。ここからが本題です。

■-=Project9k=-(ulilithの入手はこちらから)
 http://www.project9k.jp/
特設BBSには、ユーザ名="lilith" パスワード="project9k" で入室することができます。

 ↓OSによって動作可能な種類がありますので、こちらもご覧下さい。
■ulilithの動作環境とインストーラの種類
 http://www14.atwiki.jp/ulilith/pages/21.html

 私の環境下(AMD AthlonⅡ4コア)では、『x86版』が最適のようです。
 これに『x86用SSE2差分』を上書きする形となります。

 圧縮形式が『7z』ですので、対応した解凍ソフトも別途必要です。

 この『ulilith』は『Winamp』と同様にスキンを変える事が出来ます(フェイスと言います)
 下記の画像は、私が常用しているフェイスです。可愛いので非常に気に入っています。
ulilithスキン

 ↓キャラクターも2種類用意されており、再生中でも変更が可能です。
ulilithフェイス

 欲しいという方は以下のサイトにアクセスして下さい。他にも色々ありますので、きっとお気に入りも見つかると思います。

■Skin in DT(萌えsideに収録)
 http://skin.squares.net/

 ブログタイトルで『環境限定』となっているのは、私の所有するUSB DACの出力レートが、16Bit/44.1KHzしかないためです。

■Pro-Ject USB DAC仕様 参考資料(ステマじゃないよ~)
 http://naspecaudio.com/discon/pro-ject-discon/usb-box/

 ↓以下の画像はその設定画面です。まずは最も重要な『サウンド設定』です。
ulilithサウンド設定
画像クリックで多少拡大します。
WASAPIについては記事の下段をご覧ください。

 『再生バッファ』はデフォルト(1000)のままです。
 最近ではCPUの性能も上がって負荷も少ないので、400くらいでも良いらしいのですが、聴いた感じで高音部がザラついた印象を受けましたので、デフォルトに戻しています。

 『プラグインへの出力ビット深度』は32bit(float)に設定しています。
 ビットパーフェクト(バイナリ一致)であるかまでは専門知識が乏しいのではっきり断言出来ませんが、デバイス側(USB DACやサウンドカード)が16/24/32bitに対応しているならば32bit(float)。
 ASIOドライバーを使用しているなら64bit(float)でバイナリを一致させられるようです(ASIO4ALL含)
64bitはASIO専用です。
ソフト内部での処理が32bit(又は64bit)で処理されて、デバイス機器に渡される時には自動的に16bitへ戻されます。

 専門用語続きで申し訳ありません。ASIOって何? という方は以下のサイトをご覧ください。
■ASIO非対応でもASIO出力 ~ASIO4ALL~
 http://ta2020.huuryuu.com/asio4all.html

 ↓以下は『読み込み設定』となります。
ulilith読み込み設定
画像クリックで多少拡大します。

 ulilith愛用者で、サウンド設定はいじっても、ここまでいじる人は意外と少ないかも知れません。

 ここでは『フルバッファリング』を設定しています。
 メモリを2GB以上搭載しているならば、音楽ファイルは全てメモリに入れておいた方が、音飛びも無く安定します。
オーディオ評論家の間でも人気のwave再生専用ソフト『Wave File Player』なども、一旦ファイルをメモリ上に溜め込む方式が採用されています。
 PCオーディオ愛好家の音楽ファイルは大半がwaveファイルの為、一曲あたり80~100MB程度の数値を入力しておけば大丈夫です。
mp3ファイルの場合であればファイル容量が少ないので、特に設定しなくても大丈夫です。

 ↓最後の画像は魔除け程度のお守りです。
ulilithその他設定
画像クリックで多少拡大します。

 『省電力の設定』で、二つの項目にチェックを入れただけです。
 音楽鑑賞中は、出来るだけパソコンに余計な動きはさせたくありませんからね。

 ↓過去記事にもありますが、音楽鑑賞や動画視聴に省電力は鬼門です!
■Windowsで音声にノイズが乗る 続き
 http://suzaku7.blog87.fc2.com/blog-entry-864.html

●順番が逆になりましたが補足です

補足1. Windowsの音声設定を『サウンドなし』にされる事を推奨します。
Windows7の音声設定

 音楽を聴いていますと、自然と機器のボリュームが高めになりますので、スタートアップのサウンドもオフにされた方が安全です。
 夜中にパソコンを再起動した時に、大音量で高らかに鳴る起動音には驚きますからね。

補足2. Windows vista/7/8の場合、WASAPI排他モードを利用した方が音質が良いです。
WASAPI排他

 理由は記事の最初にあります『カーネルミキサーを回避した音声再生』である程度の説明が成されています。
 WASAPIとは、その音質低下の原因となるカーネルミキサーを、マイクロソフトが公式に回避する方法として開発した機能です。

■WASAPI排他モードで音楽を再生
 http://www.dosv.jp/other02/1105/08.htm

【最後に】
 人間の耳の感度は個人差がありますので、音質の違いを敏感に感じ取れる人もいれば、差が分からない人もいます。
 今回の記事を読んで設定しても、違いが分からない人も当然いるでしょう。
 別にそれで良いと私は思っています。
 音の良し悪しは誰かが決めるものではなく、また押し付けられるものでもないからです。

 今回の記事が、PCを使って良い音を探求される人たちの参考程度になれば、それで十分であると思います。
 最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

●視聴環境
・OS:Windows 7 Ultimate 32bit SP1適応
・音楽再生プレーヤー:uLilith(WASAPI排他設定)/Wave File Player
・USBケーブル:ALPHA DESIGN LABS FORMULA2-MiniB
・USB DAC:Pro-Ject USB BOX
・ケーブル:日立電線 LC-OFCカンタム
・ヘッドフォンアンプ:オルトフォン Hd-Q7
・ヘッドフォン:Victor HP-RX900
・その他:PCケース内のフレームや側板には鉛テープ貼り付け、内部電源ケーブルにはフェライトコアを巻いています。
・使用を中止したもの:Fidelizer
 音楽用PC最適化ソフト『Fidelizer』は、ブラインドテストでは違いが分かりません。
 私の中ではオカルト。ノイズや振動対策が出来ていれば、必要ありません。
 環境によっては設定が元に戻らないなど、不具合も報告されています。

テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl