カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走るゾンビ集団 映画「WORLD WAR Z」予告ムービー公開 これはギャグですか?

 こんにちは、朱雀です。
 来年2013年6月より全米で公開される、映画「WORLD WAR Z」の予告ムービーが公開されました。
 原作はマックス・ブルックスで、文藝春秋より出版されています。
 公開前なのであまり多くの事は書けませんが、原作のゾンビは走りません
 いたって『普通』のゾンビです。

 ノロノロと動くゾンビ映画は巷に溢れています。
 この映画の監督マイク・フォスターは、在り来たりな映画は作りたくないと思ったのでしょうね。
 ゾンビをあえて走らせた事で、ゾンビ雪崩というローカルな新語を生み出しました。
 おかげでこれまでにない、躍動的でスピード感のある映画に仕上がったように見えます。
 確かに『ゾンビが飛んだり走ったりしてはいけない』というルールは存在しませんからね。
 アイディアというよりも着眼点を変えた勝利ですね。

 撮影監督は、アカデミー賞を受賞したロバート・リチャードソン。
 妥協を許さない撮影で有名な方らしく、本作においても主要スタッフの交代でスケジュールが延長し、予算も大幅にオーバーした事で、今年のクリスマスに間に合わなかったというエピソードがあります。

 主演はブラッド・ピット。
 映画「マネーボール」で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた俳優さんですが、個人的には「12モンキーズ」のジェフリー・ゴインズ役が好きですね。
 汚れ役も出来る俳優さんは貴重です。

 しかし……このムービーを見て、思わず笑ってしまったのは、私だけではないと思いますw
 感想はこれくらいにして、映像を見てみましょう。



 近年のホラー映画の代表作とも言えるゾンビ映画で、笑いが取れるとは思いませんでした

 制作裏話をもうひとつ。
 ロケはブダペストで行われたのですが、小道具のマシンガンといった銃器類が、テロ活動に使用されるのではと誤解を受け、地元警察に全て押収されたようです。
 玩具の銃器であれば問題も大きくならなかったのですが、これらの銃器類は全て『実戦に使える』状態で保管されていたとの事。
 小道具一つ取ってもリアルさを追求するのは、さすがアメリカと言えますが……管理面の大雑把さも、さすがアメリカです(^^;)

テーマ:ホラー
ジャンル:映画

Comment

No title

>TageSPさん
こんばんは。
私も初めてのゾンビはソレでしたね(笑)
やたらヌメヌメしたのが気持ち悪かったです。

今回のゾンビはホラー色が低い分、仰るとおりに世界中を巻き込んだパニック映画の位置f付けになるかと思います。
原作では中国の奥地で謎の疫病が発生し、またたく間にアジア全土にまで蔓延し、中央アジア、ブラジル、南アフリカ、更にロシア、ドイツ……他、世界中で謎の疫病が拡散していきます。

今回はエンターテイメントとしての映画化ですので、主役が決められていますが、原作はその事件に関わった人物の証言から、これら一連の出来事がどんなものであったかを再現して行くオーラル・ヒストリーです。
さすがに原作そのまんまで作ると、ドキュメント映画のようになりますので、娯楽映画である以上、それは避けたかったと思います。

コメントありがとうございました。

No title

>たっつんさん
こんばんは。訪問ありがとうございます。
想像以上に全力疾走で追いかけて来るので、おしっこちびりそうになります(笑)
こんなゾンビがいたら、逃げ切れる自信がありません。
エンターテイメントとしては、下手なヒーロー映画よりも面白そうです。
コメントありがとうございました。

No title

こんにちは

ムービー拝見しました。

そうですね。
私も、なんか、
ゾンビ映画だ。という印象を受けず、

良くある、アメリカらしいパニック映画。
と、いいますか。
なんか、そんな印象を受けました。

ゾンビ。と、言われると、
私は、やはり、ぷよぷよのゾンビを
思い浮かべてしまいます。

たぶん、ソレが、
私にとって、初めての「ゾンビ」だったもので・・・。

ありがとうございました。

No title


うわぁ!!!

走っとりますね!!!

でもめちゃめちゃ面白そうですね( ՞ਊ ՞)☞
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl