カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人が偏見で選ぶ2011年度アニメベスト10

 こんばんは、朱雀です。
 クリスマスも無事に終わって街の賑わいも落ち着きを見せ始め、どこもお正月に向けて慌しくなってまいりました。
 少し早いですが、当ブログも今回の記事をもちまして、今年の締めくくりとさせて頂きたく思います。
 次回の更新は来年となる予定です。

管理人が偏見で選ぶ2011年度アニメベスト10
2011年1月現在に放送されていた2010年度冬季アニメも含まれます。

●ノミネート作品一覧
・魔法少女まどか☆マギカ
・GOSICK -ゴシック-
・フラクタル
・緋弾のアリア
・神のみぞ知るセカイII
・Steins;Gate -シュタインズゲート-
・アスタロッテのおもちゃ!
・まよチキ!
・IS <インフィニット・ストラトス>
・これはゾンビですか?
・夏目友人帳 参
・バカとテストと召喚獣にっ!
・神様ドォルズ
・異国迷路のクロワーゼ The Animation
・ぬらりひょんの孫~千年魔京~
・BLOOD-C
・花咲くいろは
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・FATE/ZERO
・ましろ色シンフォニー -The color of lovers-
・境界線上のホライゾン
・C3 -シーキューブ-

10位: 境界線上のホライゾン
 今まで見た事もない斬新な戦闘シーンに魅力を感じました。世界観の把握が難しく、視聴者置いてけ堀な所は相変わらずでしたが、細かい事を気にせず、『感性』を研ぎ澄まして見ていけば、理解は出来ずとも十分に楽しめるアニメでした。

9位: 神様ドォルズ
 2期待ちの状態で中途半端に終わったアニメですが、その続編への期待度は半端ではなく、続きが待ち遠しいアニメの一つです。

8位: 緋弾のアリア
 こちらも2期制作前提で中途半端な終わり方をしたものの、久しぶりにカッコいい主人公の登場にワクワクしました。
 今ひとつ冴えない主人公の多い萌えアニメにあって、覚醒(興奮)する事でチート級の強さを発揮できる主人公は実に魅力的に映りました。
 女の子キャラも可愛くて魅力的ですが、それ以上にキラリと光る男性キャラが存在するアニメは珍しいと言えます。

7位: バカとテストと召喚獣にっ!
 1期に比べるとパワー不足を感じずにはいられませんが、『みなみ』を中心にキャラクターを掘り下げた作品として評価できるアニメです。

6位: 神のみぞ知るセカイII
 脚本が本当に素晴らしいですね。一つ一つのエピソードも魅力的に作られており、最初から最後までダレる事無く完結させている点は文句の付け所がありません。
 作画も綺麗で本来であれば1位になってもおかしくない作品です。
 ではなぜ1位にならなかったのか……それは私が恋愛モノが大の苦手だからです……(汗)
 そんな状況下での6位なのですから、この作品の持つ凄さが分かるというものです。

5位: FATE/ZERO
 来年の4月より2期がスタートしますが、何とも中途半端な終わり方をしましたね。実にキリが悪かったです。
 とは言え、やはり私はこの作品が好きです。型月信者と言われようとも5位以下にはしたくありませんでした。
 少なくても作品クォリティは十分に素晴らしい内容でしたし、2期への期待度も非常に高い作品です。

4位: アスタロッテのおもちゃ!
 4位から1位までは本当に僅差です。どれが1位になってもおかしくないので非常に悩みました。
 アスタロッテのおもちゃ! は、キャラクターが非常に魅力的で脚本も綺麗にまとまっていました。非の打ち所が無いとは、こういったアニメを言うのかも知れません。
 アスタロッテと明日菜が姉妹だった事が判明するのが、少し早いようにも思われましたが、1クールでの尺を考えますと、やはり妥当なタイミングだったのかも知れませんね。

3位: GOSICK -ゴシック-
 4位のアニメ同様に、キャラクターと脚本が素晴らしく、最終話では思わず涙腺が緩んでしまいました。
 私は感想を書くのが下手で、どこがどのように素晴らしいのか書く事が苦手なので、この記事を読まれても具体的な内容はさっぱり分からないかと思います。申し訳ありません。
 きちんと物語が完結しているアニメは、総じて高評価を付ける傾向があります。
(フラクタルとか……私は良いと思うのですがね。世間では不評のようですが)

2位: Steins;Gate -シュタインズゲート-
 最初から最後まで見せ場見せ場の連続で、これほど毎週が楽しみだったアニメはそうそうありません。
 2クールで上手くまとまっていましたし、第23話のラストシーンの盛り上がり方は本当に素晴らしかったです。
 これほどの完成度を持ったアニメは、今後10年出るか出ないか……そう思わせるくらいの作品でしたね。

1位: 魔法少女まどか☆マギカ
 2位のアニメと悩みに悩み、えいっ! と選んだのがこの作品です(おみくじかいw)
 このアニメは、むしろ未完に終わった事で、より一層魅力を増した作品ですね。
 『まどか』からもらった赤いリボンを付けて、新たなる戦いに臨む『ほむら』の姿をラストシーンとした事で、視聴者の想像力を刺激して新たなる物語への期待を掻き立てています。
 来年予定されている劇場版では、続編としてテレビシリーズに決着を付けるようなので、これも期待せざるを得ません。
 『キュウべえ』との関わりが最終的にどうなるのか、注目したいですね。

 これは余談ですが、『ニュー速民が選ぶ2011年アニメランキング』という記事があります。
 私の記事だけではどうにも偏重が過ぎますので、こちらも参考にして見て下さい。
(参考になるか、ならないかのご判断はお任せします)

■ニュー速民が選ぶ2011年アニメランキング
 http://2chrank.web.fc2.com/anime/n-anime_2011.html

●除外作品
2クールで2012年も放送が予定されているアニメは、今回除外しました。
・ギルティクラウン
・ラストエグザイル-銀翼のファム-
・灼眼のシャナIII-Final-
・ペルソナ4
・未来日記

上記アニメは2012年度にノミネートを予定しております

 惜しくもベスト10入りはしませんでしたが、他にも魅力的なアニメが沢山ありました。
 一つ一つを挙げていくのは大変な労力と字数を食いますので省きますが、今年も総じて豊作だったように思われます。

 来年も豊作であるようにとアニメの神様に祈りつつ、今年の日記を締めくくろうと思います。
 では皆様、どうか良いお年をお迎え下さい。

【追記】
 来年まで間がもちませんので、(超マニアックな)動画を1本用意しました。
 知る人ぞ知る! あのエロゲの生歌です。
世の中には知らない方良かったと思えるゲームが幾つかあるのですが、この作品もその一つですね)



 いつ聴いても上手いですね、この人。曲も神がかっています。

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>氷室蒼月さん
おはようございます。コメント返しが年明けで申し訳ありません。

いえいえ、こちらこそコメントを殆どしていないので、そのように仰られると恐縮いたします(汗)
今年もよろしくお願いします。

こんばんは~

今年も対して更新しない私のブログに訪問してくださってありでした。
コメントも少なくてすいません(;´∀`)

まどマギは凄いですねぇ。個人的には面白いけどそこまで~って感じです。

では来年もよろしくお願いします。
よいお年を~

>しゃーぷぺんしる。さん
こんにちは。訪問ありがとうございます。
萌えハーレムアニメは確かにそういった印象のアニメが多い気はしますね。
既に飽和状態に来ているので、今後はプラスアルファの要因を求められますので、原作者にとっても難しい時代がやって来たとも言えそうです。
コメントありがとうございました。

>C-MOG・八木浩明さん
こんにちは。
いつかそうなる日を夢見つつ、来年も希望ある年にしていきたいものです。
コメントありがとうございました。

 まどマギが「文化省アニメ大賞」なるものをを受賞して下されれば、私としては申しぶんないのですが...。まどマギ見たことないけど。

まどマギはまさかの文化庁アニメ大賞ですからねーww

「もう何も怖くない」最高ですわ。

GOSICはピュアに愛してますb

C3とましろ色はキャラの可愛さしかイメージに残っていないという…。

>C-MOG・八木浩明さん
こんばんは。
当ブログが八木浩明さんにとって、何かしらのお役に立てたのであれば、非常に幸いであります。
避難先でアニメを見る事の困難さは、私も過去に経験しておりますので想像が付きますが、それにも負けず、新たなジャンル開拓に乗り出す所は流石です。
旧年中はコメントを多数賜り、ありがとうございました。
(喪中のご報告を承っておりますので、新年に向けたご挨拶は控えさせて頂きます)

アニメから、色々考えさせられた一年

 3月11日の東日本大震災以降、厳しい避難生活が続いた生活において、テレビ東京系列局や衛生放送が見られない状況のもとで、アニメに関心を持つことは、結構難しいものでした。せいぜい、NHKのEテレにおける作品三つ(バクマン。、ファイ-ブレイン、キャロ)ぐらいが、今年新たに見るようになったアニメでした。...私は本当に、堅い人間のようです。
 とはいえ、某番組でイカ娘に関する話題が出たあと、そのイカ娘に関するグッズを、いわき市に所用で出掛けた折、アニメイトで、2品ほど購入しました。また、書店でワンピースやバクマン。等のファンブックの類の書籍があるのを見つけ、そこから哲学的な生き方、考え方を導き出すことが出来るのではないか、と考えたりしました。
 そして今年、このサイトと出会って、新たなものの見かた、考えかたがあることを知り、かつ理解することが出来ました。今やアニメは、この世の中に多大な影響を及ぼしている、ということを強く認識した一年でした。

>リードマンさん
こんばんは。
スイートプリキュアは、結局全話見なかったですね……。
ハートキャッチで燃え尽きましたw
イカ娘は今回ノミネート選出外でしたが、全話みています。
面白いのですが、日常系なので印象が薄かったせいもあるのでしょう(汗)

コメントありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

なんだかんだで最初から最後まで見てるのは
プリキュアだけだったなぁ^^;
イカ娘も見たり見なかったりだから・・・

今年最後の記事でしたか。
良いお年をお過ごしください。
来年もよろしくお願いいたします!

>京方院 法馬さん
こんにちは。何だかお久しぶりな気がするのですが、以前にもコメントを頂きましたよね。
(勘違いであればすいません)

私も1位にしようか本当に迷ったのですが、シュタインズゲートはゲームというベースがあるのに対し、まどか☆マギカは、オリジナルアニメである事を評価しました。

それにしても、ラノベ原作アニメのノミネートが増えてきました。
今後発刊されるラノベは、「アニメ化前提」で作られていくのでしょうね。
となると、原稿を投稿する作家も、今後はそれを周知の上でプロットを構築していく事になりそうです。
そういった事も考えながら見ていくと、アニメの世界も実に奥深いものだと改めて思い知ります。
コメントありがとうございました。よいお年を。

2・・・・2位ですか・・・・

十二分に楽しませていただきました。
私は、ダントツで「Steins;Gate -シュタインズゲート-」でした。
見る度に「ゲームは既に遊びではない。虚構という現実が存在。」と昔、一部の人に流行った?フレーズが頭の中にヘビロテしてまして。

何故がこのアニメを見てから無性に「オネアミス・・」を見たくなって、押入れの奥に永眠させるはずの「LD」を出してしまいました。ちなみに、甥っ子にとって「このデカいCDヤバい。」だそうです。

駄文で申し訳ありません。
新しい年も楽しみにしています。ありがとうございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl