カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

等身大スコープドッグを作った倉田氏が、今度は「乗って操縦可能なロボット」を製作中

 こんばんは、朱雀です。
 昨今のロボットの研究は目ざましいものがあり、当ブログで紹介しました千葉工大の「デススティンガー」など、歩く以外にも様々な動きを見せてくれるロボットが続々登場しております。
 今回取り上げました記事は驚く事に、乗れるロボットを『個人』で製作しているというのです!
 どのようなロボットなのか見てみる事にしましょう。

 なお、画像をクリックする事で少し大きめの画像を見ることが可能です。

 これが乗って操縦できる巨大鉄製ロボット「クラタス」(仮称)。
 制作者の倉田光吾郎さんによれば、「人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット」とのこと。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 よく見ると「何か」に似ていますよね?
 そうです! 装甲騎兵ボトムズに搭乗したAT(アーマード・トルーパー)に似た外観になっております。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 それもそのはず。
 製作者の倉田さんは、等身大サイズのスコープドッグを製作した事で一躍有名になった人です。
倉田さんが制作した1/1スコープドッグ
等身大スコープドッグ

 こちらは倉田さんが制作した、「クラタス」の模型です。
 人間と並んだ時、これくらいの大きさになる想定で作られる予定で、定員は1名、直立状態で全長4m、降着した場合は約3m程度になる予定とのこと。
 ほぼすべて鉄で作られているためかなりの重さで、乾燥予定重量は4tです。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 腕や側面の装甲はまだ取りつけられていないので、横からコックピットをのぞくこともできます。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 人間で言うところの太ももより下の部分を現在作成中のようです。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 クラタスはディーゼルエンジンによる油圧駆動で動きます。
 と言う事は、駆動系はザブングルに登場した「ウォ-カーマシン」が近いようですね。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」 
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 「クラタス」の足は4本、その先端にはすべて車輪がついています。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 「クラタス」の胸部装甲も油圧駆動になっていて、ハッチのように開きます。
 おお! これはまさしくATのようです。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 コックピット内のモニタに投影する操縦画面を調整中の吉崎氏。
 吉崎氏はロボット制御ソフトウェア「V-Sido」の開発者で、今回「クラスタ」の制御系全般の開発を行う為に参加されました。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 これが吉崎氏の開発したロボット制御ソフトウェア「V-Sido」によって、実際にロボットが動くデモンストレーション動画です。
 これを見る限り吉崎氏のプログラム技術は一流である事が分かりますので、「クラスタ」の制御プログラムの開発にも期待が持てます。


 クラタスの手は過去に倉田さんが作成した「デコピンマシーン」を進化させたもの。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 これまでの製作物の成果を集約したと言えるパーツであるだけに、かなり作りこまれていて、1つひとつの関節がなめらかに稼働します。
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」
人型四脚エンジン駆動陸戦兵器型トイロボット「クラスタ」

 「クラタス」の制作状況は倉田さんのブログで随時公開されていて、直近では制御系テストのライブカメラ配信も時折行っているようです。
 また、吉崎さんのブログにも「クラタス」制作に携わるまでのいきさつについて書かれています。
 現在の「クラタス」の状況が気になる人は下記リンク先もご覧ください。

■なんでも作るよ。(倉田さんのブログ)
 http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/

■CLOTHO(吉崎さんのブログ)
 http://d.hatena.ne.jp/CLOTHO/

 完成が待ち遠しいですね。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>HANA子さん
企業ですと採算が取れるかなど利益優先で考えますので、この手の開発や製作には中々手が出ないと思われます。
結局民間人がコツコツと、趣味で作る事が「全ての始まり」となっていくのでしょうね。
案外開発史の1ページを垣間見ているのかも知れません。
完成したら、また取り上げる予定です。

か、
かっこいい!
4mサイズの動く乗り込み型ロボットって人類の夢じゃないですか!
それにしても、やっぱり公じゃなくて民間が作っちゃうもんなんですねぇ。時代は民が切り開くのか! なんて
民間発スーパーロボット!
なんて時代は来ないでしょうけど……いや、夢はきっと!
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl