カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

訃報 アニメ「あしたのジョー」「ベルばら」監督の出崎統さんが死去

 こんばんは、朱雀です。
 本日の記事は、私のような昭和時代のアニメを知る人間にとって、非常に悲しい出来事であります……。

(MSN産経ニュースより)
 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110418/ent11041811020008-n1.htm

 「あしたのジョー」「ベルばら」アニメ監督の出崎統さんが死去 67歳、肺がん

 2011.4.18 11:01

 「あしたのジョー」「エースをねらえ!」などを手掛けたアニメーション監督、出崎統(でざき・おさむ)さんが、17日午前0時35分、肺がんのため死去した。67歳。
 通夜は20日午後6時、葬儀・告別式は21日午前9時半、東京都府中市多磨町2の1の1、多磨葬祭場思親殿で執り行われる。
 喪主は兄、哲(さとし)氏。
(兄の出崎哲(でざき・さとし)氏も、同じくアニメ監督)

○出崎統(でざき・おさむ)アニメ監督
 別名義として「崎枕」「さきまくら」「斉九洋」「松戸完」「矢吹徹」「多井雲」「松戸館」などを持つ。
 昭和18年、東京都出身。高校在学中に貸本漫画家としてデビュー。
 38年、旧虫プロに入社。テレビアニメ創生期から活躍し、45年、「あしたのジョー」で初監督。止め絵などを多用した独特の演出技法が高い評価を受け、その後も「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」「宝島」「ベルサイユのばら」などを次々と手掛け、近年では「劇場版AIR」「劇場版CLANNAD -クラナド-」の監督を務めた事でも知られる。



 出崎監督は、矢吹丈やオスカルといった「壮絶な人生を送る主人公」を手掛ける事が多く、また、そういった分野を得意としていた監督でした。
 「劇場版AIR」では、それが仇となり、私個人の評価では今一つの感はありましたが……「原作とは違った切り口の作品」と割り切って見れば、十分に素晴らしい作品であったと思います。
 「劇場版エースをねらえ!」と「劇場版あしたのジョー2」は、今見ても決して色褪せる事のない不朽の名作です。
 素晴らしい感動を与えて下さった監督に感謝を。
 そして、謹んでご冥福をお祈り致します。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>HANA子さん
2ちゃんねるでは、一部で「これで老害を撒き散らさずに済んだ」などと不謹慎な発言が行われており、非常に残念に思います。
先達がいたからこそ今のアニメ界があり、彼らも家でアニメを見れるのだと言う事が分かっていないのが何とも……。
私も古いビデオを取り出し、「劇場版エースをねらえ!」をもう一度見ました。
やはり何度見てもいいですね。

昨年からこっち、寂寥感というか喪失感の絶えないアニメ界であるようです。
兄ちゃんからかっぱらったもらった「宝島」のDVDボックスを見ながらお悔やみしようかな
67歳の若さ。本当に残念です。
謹んでお悔やみ申し上げます。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl