カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

USB DACなるものを買いました(Pro-ject USB BOX)

 こんばんは、朱雀です。
 そろそろオンボードのサウンドデバイスを卒業しようと思い、USB DACというものを購入してみました。
 今までのように内蔵型のサウンドカード(又はオーディオカード)を買っても良かったのですが、今回は密かなブームになっている『PCオーディオ』の、一般的な接続方法というものに拘って見ました。

 前のパソコンで使用していたのは、ONKYO SE-90PCIというオーディオボードでした。
 ASIO非対応でしたが、結構いい音でした。
(生活苦で結局売りましたが……)

 今回衝動買い買ったDACが↓コレです。(Pro-ject USB BOX Black
project_usb_box

 プロジェクトという、オーストリアのメーカーです。
 これにした最大の理由は、ヘッドフォンアンプいう無駄な機能が無く、純粋なD/Aコンバーターの機能しか持っていない事です。
 DAC部分は、BurrBrown製のPCM2702です。

 同価格帯にはヘッドフォンアンプ機能付の物が多いのですが……アンプの音は価格相応です。
 ですので、ヘッドフォンアンプはもう少し良い物を別に購入した方が、後から余計な出費をしなくて良いです。

 で、肝心の音質なのですが、まだエージング(ならし)の途中ですので、現状ではこんな感じの音が出ています。

●購入初期の音質
 全体的にクリアな音質で見透しは良好です。
 foobar2000では、Project謹製の専用プラグイン(project_asio.dll)を使う事で、ヘッドフォンの使用でも奥行きを感じさせる立体的な音場を形成してくれます。
 USBケーブルによる音質の違いが如実に現れますので、ケーブルの選択次第で音楽ソースによってはドンシャリした音を聴かせる事があります。

 今回試みとして、USBケーブルをアーベルの「フェライトシールド付(型番:AUMFC10)」からのALPHA DESIGN LABSの「FORMULA2」に交換した事で、キンキンとした高音部が上手く抑え込まれ、中音部を中心に、肉付きの良い音質に生まれ変わりました。

 現段階での感想はこんな感じです。
 エージングが終わった後で音が更に良くなる事もありますので、少し様子を見ます。
(オーディオ装置というのは、新品よりも多少使い込んだ方が音が良くなります)

●再生環境(この環境でオーディオを語るのは恐縮しますけどね)
2012年7月26日 再生環境を更新
・OS:Windows 7 Ultimate 32bit SP1適応
・再生プレーヤーソフト:uLilith(WASAPI排他設定)/Wave File Player(wave再生専用)
(汎用PCなので、Fidelizerは怖くて使えません……)
・USBケーブル:ALPHA DESIGN LABS FORMULA2-MiniB
・出力ケーブル:TDK CA-QL301(PCOCC導体)と日立電線 LC-OFCカンタムを使い分け
・ヘッドフォン:Victor HP-RX900
・スピーカー:ローランド MA-8
・ヘッドフォンアンプ:オルトフォン Hd-Q7
・その他:PCケース内のフレームや側板には、鉛テープを貼って振動を抑えて、PC内の各電源ケーブルにはフェライトコアを巻いています。

 スピーカーのヘッドフォン端子はおまけですが、以前持っていたオーディオテクニカ製のヘッドフォンアンプ(AT-HA20)よりも音が良かったので、長くこれを使っていました。
 さりげない部分にも妥協しない所は、さすがローランドというべきでしょうか。
2012年に、オルトフォンのヘッドフォンアンプを購入。

 USBケーブルを、ワイヤーワールド製の物に換えると音が良くなるらしいのですが、高すぎて買えません。
 2万円も出せばハイエンドクラスのオーディオボードが買えるパソコン世界で、ケーブルだけに1万もの出費は、明らかにアンバランスです。

 ケーブルの話も出たところで、ここからは私のパソコン・オーディオ論です。
 お金を掛けずに音質を良くしていくのは限界がありますけど、逆に腕の見せ所とも言えます。

 あくまでも私の主観ではありますが、趣味のオーディオを極めた人の行き着く先というのは、高級志向に飽きて、こういったミドルからローエンドの価格帯の商品を、今までの経験を生かして使いこなしていく事ではないかと思っています。
 高価な再生装置を使えば、セッテンィグをあまり煮詰めなくても、誰もがそこそこの音質を得られますからね。
 良い音との出会いを『刺激』と考えた場合、その刺激に慣れてしまったら、いつか物足りなさを感じるような気がします。

 今回買ったUSB DACは、パソコンに繋いで聴くオーディオ装置としては、十分ではないかと思います。
 上を見れば何十万円もするUSB DAC内臓機器は沢山ありますが、そもそもパソコンのマザーボードやハードディスク、SATAケーブルなどはオーディオ用として作られていませんし、使っているコンデンサー等の質も、オーディオ用としては普通かそれ以下です。
(安価なマザーボードでは電源部も相当安価なパーツが使われています)

 ですので、USBオーディオ装置だけのグレードを極端に上げても、出費の割には、純粋なオーディオ装置に勝つ事は難しいと思います。

 電源についてもこだわる人は多いのですが、ことパソコンに至ってはパーツの質やノイズ対策の甘さで必ず劣化します。
 その前段階であれこれお金を掛けても、正直徒労も良いところです。
 何でも「ほどほど」が一番です。
 さて、これくらいにして……今日もエージングしませんと。

■【2011年3月12日追記】
 購入から3ヶ月あまり経過し、エージング時間も100時間以上取れましたので、その後の音質変化について追記いたします。

○音質
 クリアさはそのままに、全体的にフラットな音質へと変化しました。
 途中でケーブルをグレードアップしましたが、それを抜きにしましても、今まで使っていたONKYO SE-90PCIよりも、総合的に見て良い音を聴かせてくれています。
 買った当初は高音寄りな音質で「あれ?」と思いましたが、今ではフラットで聴き良く、うちのリファレンス機器として毎日使っております。

テーマ:オーディオ
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

>ドゥーベさん
返信が遅くなり、申し訳ありません。

おお! それはお買い得でしたね。
ケースが吊り下げ型で、定価で2万円もするような高級感がないのが唯一の不満材料ではありますが……仰る通り、比較的安価なDACの中では良い音が出ています。

若干高音部に「癖」のようなものを感じますが、それは当方の音響設備の問題だと思います。
ケーブルをPCOCCからLC-OFC(日立電線)に換える事で、マイルドな方向に味付けし直しております。

良きオーディオライクを満喫される事を祈っております。
コメントありがとうございました。

No title

早速のレスありがとうございます。
どうも私の勘違いのようでした。選択ドライバはasio4allで問題なかったんですね。
project_asio.dllをどこぞのフォルダに放り込むと新たにBurr-Brown ASIOが出現すると思っていました。
重ね重ねていねいに対応していただきありがとうございます。

ちなみに私の現在の状況はWASAPIで対応しています。
なんか日本では話題にならないDACですがデザインと価格で選んじゃいました。製造終了品ということでヨドバシカメラで9000円でした。
なかなかいい音でてるんじゃないかなとは思ってます。
ありがとうございました。

No title

>>ドゥーベさん
何度もお手数をお掛けして、申し訳ありません。
まず、お知らせしておく点が一つございます。
「project_asio.dll」は、単独では機能しません。
必ず「foo_out_asio.dll」とセットでの使用となります。

「foo_out_asio.dll」が無い場合は、以下のサイトからソフトを一式ダウンロードします。

ttp://box-designs.com/main.php?prod=usbbox
(禁止ワード設定の為、hを抜いています)

その中にある「foo_out_asio.dll」を、foobar2000フォルダにあるcomponentsフォルダに入れます。
(間違っても他の場所に入れないで下さい)

そしてfoobar2000を起動後「File」→「Preferences」→「Playback」→「Output」と辿りましたら、「ASIO Virtual Devices」という項目が増えているはずです。
「Add New」のボタンを押して、使用するASIOを選択してセットすればOKです。
(私はasio4allでしか試した事がありませんので、他のasioで機能するかどうかまでは分かりません)

よろしくお願いします。

No title

丁寧な解説ありがとうございます。
ですが…
この方法でfoobar2000はASIOに対応はできるのですが肝心のUSBBOXのドライバーがASIO化されません。
Asio4allを使うことはできるのですが、ProJect_asio.dllでのドライバー変更ができません。
system32に放り込んでみたのですがどうもうまくいかない。
なんどももうしわけないのですがAsioドライバの変更手順わかりましたらお願いします。

No title

>>ドゥーベさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
foobar2000の仕様がdll方式からインストール形式に変わって来た為、混乱なさっているのかと思います。

まず、ダウンロードした『foo_out_asio.fb2k-component』を、componentsフォルダにそのままコピペします。
foobar2000を起動して「File」→「Preferences」→「components」と辿りますと、窓の右側に先ほどコピペした「foo_out_asio.fb2k-component」があるはずです。
太字になっている「foo_out_asio.fb2k-component」をクリックして文字を反転させ、「install」ボタンを押せば完了です。

説明不足で申し訳ありませんでした。

project_asio.dlの格納場所

foobar2000にproject_asio.dlを格納する場所を教えてください。
componentsはfoo_*.dllのみしか入らないようなんですが。
foobar2000のトップフォルダにじかに入れてみましたが何の変化もないようなんです。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl