カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「肥満はマクドナルドのせい」で、訴えた側が勝利。このニュースは波乱の予感……

 こんばんは、朱雀です。今回は時事日記です。

 「太ったのはマクドナルドのせい」裁判で140万円の支払い命令(ブラジル)

 ファストフードばかり食べていると太りやすいというのは事実ですが、ファストフード店に勤務していると食べる機会も増えるようです。

 ブラジルでマクドナルドの店長をしていた32歳の男性が、勤務していた12年間に30kgも体重が増えたとして訴え、マクドナルド側に17500ドル(約140万円)の支払い判決が出たと言うニュースがありました。

 勤務ではサンプルの味見をするのが義務となっており、その影響で体重70kgから105kgまで増えたと言います。

 男性は商品の品質を確認するため全てのメニューの味見をすることへの強迫観念があったと言い、さらにハンバーガー、フライドポテト、アイスクリームで構成された無料のランチなども、体重増加の一因だと主張したようです。

 これに対しマクドナルド側は、被雇用者たちには多くの健康的なオプションがあったと言い、真っ向から反論しています。
 この判決によってマクドナルドで働く環境の間違ったイメージを抱かせかねないと、不服申し立てをするか現在検討中とのことです。

 マクドナルドは世界中100カ国に3万2000店舗あり、40万人の被雇用者がいることから、今後のなりゆき次第では、他の店長の訴訟などに発展する可能性もありそうです。




 勝訴の前例が出来てしまいましたので、各国の法律や、訴訟の起こし方によっては勝訴の可能性もあるという事ですね。
 日本でも上手く訴訟すれば、勝訴に持ち込める可能性も秘めています。
 ただし、あくまでも「現状を上手く弁護士や裁判官に訴えかける」必要がありますので、ただ訴えれば勝てると言う訳ではありません。
 その辺りを勘違いしますと、裁判費用が無駄になるわ、職も失うわで大損します。
(訴えといて、無事に今の職を続けられるとは思えませんからね)

 勝てる可能性も皆無ではありませんが、リスクも踏まえてよく考えなければなりませんね。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

Comment

>リードマンさん
仰るとおりですね。
この判決がおりた背景には、よく分からない力働いたのでしょうね。
例えばブラジルでは肥満が蔓延していて、国民の食生活改善の一手としてマクドナルドを公的に追い出そうとしているとか……。
個人(消費者)の訴えに対して、企業側が改善の努力をすべきという風潮が、お国柄としてある可能性もあります。
(PL法なんかも、発端はこんな単純な思想から生まれたものだと思います)

更に訴訟した弁護士の腕も良かったのでしょうね。
あるいは判決を下した裁判官も、マクドナルドに通っていて、最近肥満に悩んでいた可能性もあります(笑)

もしかすると、ブラジルだけが特別なのかも知れませんね。

・・・・?
ちょっと理解できませんな・・・。

子供の肥満は親の責任、大人の肥満は自己責任。
これが基本だと思うんですがね^^;

いくら味見の義務があったとしてもそれのみで
太ったわけでもなければ、やせる努力も怠ってるでしょ。
フォアグラ用のガチョウのように動けないようにされて
食べさせられたワケでもないでしょうに。

まったくもって謎な判決ですなぁ・・・^^;
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl