カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

ブログ主が死亡した場合に知らせる事が出来る『微妙』なブログパーツ

 こんにちは、朱雀です。
 来月よりブログトップ絵を『東方』に変更しますので、最後は全員登場でワルツを踊るのも良いですね。
 トップ絵からは消えますが、ARIAは永遠に不滅ですよー。
(20年30年先でも愛し続ける事が出来るアニメです)

 本題に入りますが、なぜウィログが『微妙』なのかは、後で「青」を使ってコメントします。

 管理人が亡くなると別れの言葉を表示してくれるブログパーツ「ウィログ」が登場

ウィログ

 多くの人がブログを持つようになった今、すでに亡くなってしまった人のブログが削除されずにずっと残っている事例は少なくありませんが、「亡くなった」という事実をネット上のつながりのみを持つ人が知るのは、ブログ管理人が有名人でもない限りはなかなか難しいもの。

 その結果、管理人が亡くなっているにもかかわらず、更新がちょっと止まっているだけのように見えるブログがインターネット上に存在し続けることになりますが、そんな管理人亡き後のブログに、明確に「死」という事実を表示するためのブログパーツ「ウィログ」がリリースされました。

 「ウィログ」は3つの方法で管理人の「死」を判定し、ブログパーツを「生前」バージョンから「死後」バージョンに表示変更するなど、サイトのおだやかな雰囲気とは裏腹にややショッキングな仕様となっています。しかしながら、故人自らの遺志を表示することができるので、なかなか画期的なサービスとも言えるかもしれません。

■ウィログ登録ページ
 ウィログ - お世話になった人たちに遺志を残そう

 最期の言葉を事前に残しておけるサービスだそうです。
 ちなみに、「ウィログ」に入力した文面は遺書としての効力は持たないそうなので、大事な伝達事項などではなく、あくまで生前お世話になったブログ閲覧者たちへのあいさつにとどめておく方がよさそう。

「ウィログ」の使い方は基本的にブログなどの新規登録の簡易版といった感じ。ハンドルネームや連絡の取れるメールアドレスを入力します。普段使っていないアドレスをここに入れると、後述する「死亡判定」にかなりひっかかりやすくなってしまうので注意が必要だと思います。
ウィログ

 普段はハンドルネームで呼び合う仲でも、もしも思いがけず命を落とした場合はいわゆるリアルでのつきあいは避けられないということなのか、本名と郵便番号を入力する画面に遷移します。さりげなく1番下の欄に「遺影」選択画面があるのが衝撃的。
ウィログ登録画面

 死亡判定の手段その1は「登録したブログが1ヶ月更新されていない」ということで、RSSフィードの配信を受けて生存確認をするという仕組み。手段その2 は「『ウィログ』サイトに1ヶ月以上ログインしていないこと」、そして3つ目が「前述した2つの条件を満たした際に送信される3回の確認メールに一切応答がない時」ということ。
ウィログ登録画面

 なかなか遺書めいた文面を書くのは難しいという配慮からか、死亡判定されてからの文面公開はデフォルトではなく、チェックボックスにて「公開待ちにする」を選択して初めて行われるようになっています。
ウィログ登録画面

 かわいい感じのブログパーツで、「死」の香りは特別しないため特に違和感なくブログに表示させることができそうです。
ウィログ登録画面

 死亡確認の条件が意外とタイトで、ちょっとずぼらな人だとあっさり死亡判定されてしまうような気がするのですが、こまめにブログを更新している人で、自分の死後ブログがどうなるのか気になってしまう人は試してみる価値があるかもしれません。




 記事の最後に書いていますが、例えば通信料滞納による長期間アクセス不能(笑)とか、パソコンが壊れて更新が出来なくなった場合には、ネットカフェ経由でブログパーツの内容を一時的に変更するとか、サイトから外すといった事が必要でしょうね。
 私も時々そういったネットアクセス不能状態になる事がありますので、このサービスは受けられませんね。
(売れない貧乏ライターですいません……汗)

 ネットカフェという便利なものがありますが、当然利用料が発生しますので、真性のニートではお金が無くて利用できないでしょうw
(親から小遣い貰ってエロゲ買ってるニートは真性とは言いません。ライフラインも止まって毎日砂糖をなめてるぐらいでないとね……)

 話が横に逸れましたが……利用者のインターネット環境やブログの更新状況次第で、勝手に『死亡宣告』が成されるようなブログパーツでは、微妙としか言いようがありませんね。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

Comment

>フィリオネルさん
確かにそうですねw
何かの拍子に死亡扱いになるので、使用する時には注意が必要ですね。

>花蓮さん
まあ運営してる人は真剣に作っていますね。
出来れば死亡宣告期間を半年とか1年くらいをデフォルトにして欲しいとは思いますね。
ちょっと1ヶ月は短すぎますよね(^^;)

最初ネタブログパーツかと思えば
意外としっかりしてるんだなこれw

これは長期入院でも
死亡扱いにされますね^^;
なかなか難しいものですw
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl