カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

Angel Beats! を見終わって思う事……

 こんにちは、朱雀です。
 降り続いた雨が止んで、やっと夏らしい陽気になってきましたね。
 海開きも間近といった所でしょうか。

 最近、ダレ気味で更新を怠けております……(汗)
 特に書くような話題が少ないせいとも言えますが、単純にダレているんでしょうね。
 右サイドのバナー『朱雀 翔の巣箱』をご覧下さると分かりますが、小説の仕事も今月は全然書いておらず、新規オープニングの公開はありません。
 とりあえずアルバイトの収入がありますので、死なない程度の生活は可能ですのでご安心下さい。

 では、本題です。

最終話のネタバレを含んでおります。まだ見ていない方はご注意下さい。
以下の考察は、スタッフによる「音無Angel Player作者説」の否定がなされる以前のものです。
 ブログ主の情報収集不足で、このような頓珍漢な考察となっております。(コメント参照)
 予めご了承の程お願い申し上げます。
(ここ10年くらい、アニメ情報誌は読んだ事がありません。鑑賞のみであれば、特に必要ありませんからね)


 Angel Beats!(以降ABと呼称)を見た感想ですが、やはり多くの人が語っているように、分割2クールでも良いので、全26話にするべきだったと思います。
 結局それが難しくなったのは、第1話の反響が不評に終わってしまった事でしょう。
 今はスポンサーの社員達も普通にインターネットを利用しますからね。あれだけアンチが湧いて『糞アニメ』の風評を垂れ流していれば、どこもお金を出してくれません。
 スポンサーは企業である以上、自社にとってもプラスになるものでなければなりませんからね。
 制作費とは、あくまでも先行投資なんです。
 CDが売れたとか、ブルーレイが売れたというのは、ずっと後の話ですからね。製作の延長は、スケジューリングの関係上、もっと早い段階で決まるものです。

 いきなり話が横に逸れましたが……最初に思ったことは上記の通りです。

 第12話と第13話には、多くのメッセージが散りばめられていました。
 その中で、ゆりっぺが奏に言ったセリフがあります。

「奏ちゃん……争ってばかりでごめんね。どうして早く友達になれなかったのかな。本当にごめんね……」
(気にしないでと首を横に振る奏)
「私ね、長女でね……やんちゃな妹や弟を、親代わりに面倒を見てきたから……奏ちゃんに色んな事を教えられたんだよ。奏ちゃん、世間知らずっぽいから余計に心配なんだよ。色んな事、出来たのにね……色んな事して遊べたのにね……もっと、もっと……時間があったらいいのにね……もう……お別れだね
(奏を抱き締めるゆりっぺ)
「さようなら……奏ちゃん」

 受け取り方によっては、製作者達の悲痛の叫びを、ゆりっぺが代弁しているようにも聞こえますね。

 Angel Beats! を直訳すると『天使の鼓動』になる訳ですが……本当にそのまんまでしたね。
 ここで新たな問題が発生する訳ですが……音無から心臓をドナー提供された奏なのに、なぜか音無よりも早く死亡している矛盾点です。

 適合がうまくいかず、拒絶反応を起こして死亡してしまったとも考えられますが、それですと奏の「ありがとう」の重みが軽くなってしまいます。
 少なくても彼女は、提供者に感謝の念を抱けるまでの間は生き続けた筈なんです。

 考えられる事は一つです。
 死んだ後に迷い込んだ学園は、『時間の概念が全くない世界』ではないかと言う事です。
 過去も現在も未来でさえも超越し、それらを一つに内包する世界があの学園なんでしょう。
 そう考えると、奏はその後無事に退院して幸せな生涯を送れたのだと思います。
 幸せだったからこそ、『一言お礼を言いたい』という心残りがあってあの世界に迷い込んだのではないでしょうか。

 音無の方は、色々と説明が難しくて複雑怪奇です。
 まず第12話の後半に出て来た『ANGEL PLAYER』システム。
 ソフトウェアの擬人化NPCが語った内容を、最終話を見た後もう一度第12話を見直す事で、このシステムを構築したのが『音無』である事がわかります。
 音無は奏が去った後、永遠とも呼べるくらいの長い年月を、あの学園世界で過ごした事になります。
 彼はプログラマーとしては素人でしたが、元々医者を目指していましたので、理数系は得意でした。
 それにソフトウェアを作れるくらいのプログラムを勉強する時間は、たっぷりあった筈です。
 時間的概念が存在しない以上、人の一生分以上の時間を掛けてシステムを構築する事は可能であると推測出来ます。
 その間、再びこの世界に迷い込んでくる学生がいないとも限りませんので、中にはコンピュータの知識を多少持った人物もいたと思われます。(クライスト(竹山くん)のようなw)

 ユイにゃんを成仏させた時の音無の言動と、最終話で奏に見せた言動が、あまりにも違い過ぎて萎えたという意見をよく見ますが、それは仕方ないと思います。
 誰でも大好きな女の子を、黙って行かせる筈は無いです。
 音無という人物は、『聖人君子並のいい人』ではありますが、心(感情)はそれ程強くないです。
(地下鉄事故で、自身の負傷を知りながらも他人の世話を焼き続けたのは気力の方です。気力と感情は全く別のものです)

 私が同じ立場でも、そう思ったでしょうね。
「奏、俺とここに残らないか?」
 と言葉に出した勇気をこそ賞賛したいです。

 むしろあの時音無が引き止めなければ、奏はお礼も言えずに旅立っていたかも知れません……。
 彼女の不器用さは常人のレベルを超えていますので、十分にありえそうです。
(だが、それがいい!)

 奏を失った音無は、この世界について学ぶ事で『天文学的数字ではあるが、もう一度奏がここに来る可能性』を見出しました。
 何か心に引っ掛かる『わだかまり』があれば、この世界に再び来る事が可能であると……。
 しかしあまりにも長い年月を待ち続けた為、音無の心は壊れてしまいました。
 この世界の因果を操り、奏が帰って来る確率を引き上げる目的で作られたANGEL PLAYERシステムでしたが、その後精神が壊れた音無によって、『愛』が芽生えたらこの世界をリセットするよう、プログラムが書き換えられました。
 自分がこんなにも不幸なのに、他人が幸せになる事が嫌になったのでしょう。
 その後彼は、永遠の苦痛から解放される為に、自身をNPC化してしまった。
(NPC化に当たって姿も変えてしまった。恐らく擬人化された黒い学生服を着た彼が、NPC化した音無本人ではないかと推測。モデルは直井くんですw)

 奏が使っていた『ハンドソニック』も、恐らく音無があらかじめ用意していたものだと思います。
 更に『ギルド』や土から武器を作れる方法も、全て仕組まれた事ではないかと。
(今まであった条件を再構築する事で、帰って来る確率を上げようとしたのだと思います)

 音無が、奏にこう言っていました。
「俺達がいなくなった後で、また迷い込んで来る連中がいるかもしれない」
 と……。

 それを奏は聞いていましたので、何かの拍子に思い出して、再び迷い込んだ学生達を成仏させようと舞い戻って来る確率は、確かにありました。
 そして彼女は再び戻って来ました!

 つまり本編第1話は、最終話からループしたお話なんです。

 Angel Beats! という作品は、色々と物足りないように、わざと作ったのだと思います。
 理由として考えられるのは、この作品を見た視聴者が、後々まで遊べる要素を残しているのだと思いますね。
 要するに「『二次製作』で足りない部分を補って下さい」と。

 アニメと言うのは色々な人が関わって完成させるプロジェクトですので、設定一つ取っても曖昧では困るのです。
 シナリオライターも複数人が関わる事も多いですので、適当過ぎるとシナリオ毎に人物の言動が違ってしまいます。
 曖昧な部分は徹底した「決まりごと」を設けて作って行くのが商業アニメーションなんです。

 でも、それでは面白くない……と考えるのが今風なんでしょうね。
 同人誌の普及による影響から二次製作が盛んに行われ、新たに「二次設定」が次々と生まれていくのが、今のアニメの楽しみ方なんです。
 雁字搦め(がんじがらめ)に固められた隙のない設定のアニメでは、見るだけなら面白いと思いますが、それだけで終わってしまいます。
 見終わった後で色々と遊べる余地がある事で、放送が終わっても楽しむ事が可能になります。

 完成されたアニメであっても二次製作は存在します。(エヴァとか)
 しかし公式設定と呼ばれるものが邪魔をしますので、それ程無茶な設定塗り替えも難しいでしょう。

 Angel Beats! は、むしろこれから楽しむ事が出来ると思いますね!

 長々と駄文を連ねて参りましたが、収拾がつきませんのでここまでに致します。
 最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 最後に一言だけ。
 
 Angel Beats! 最高!!
 製作者の方々、お疲れ様でした。そして……ありがとう!


【追記】
 秘蔵しておりました非公開『天使ちゃん』画像を、放送終了記念として公開しようと思います。
『Read More』からどうぞ。

 天使ちゃん画像です。
 以前掲載したものは除外しております。申し訳ございません。

サムネイルをクリックする事で、拡大します。

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

天使ちゃんマジ天使!

番外・おまけ
Angel Beats! 人物相関図

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>五月のはえさん
「ひぐらし」や「うみねこ」に代表されるように、見る側も推理に参加して考察を重ねて楽しんだり、「東方Project」のように、公式設定で足りない部分をプレイヤーが二次設定を作って補いあう事で、世界観を完成させていくケースが増えていると思います。
これらは全て「同人サークル」から始まったものではありますが、今現在商業の方でプロになった人達の大半が同人界出身(製作者、購入者問わず)である事を考えますと、自然とそういった流れになって来ているようにも思えますね。
(あくまでも私個人の持論展開ですので、断言は出来ませんが)

今時のアニメーションも、単純に見て楽しむだけでなく、参加して一緒にこの世界を作り上げて行く事を製作者側も望んでいるようにも思います。
(ただし著作権違反にならない範囲ですが……)

Angel Beats! も、同人界ではこれから盛り上がるのではと、密かな期待を持っていたりします。
その為のピース集めが、これから発売される「小説」となるのでしょうね。

13話のゆりの台詞には、そんな思いが込められていたんですか!?というと、確かに2クールにして欲しかったというのは、ありますね。でも、この台詞で私が思ったことは「あれ?なんでゆり達と天使って争ってたんだっけ?」ということだったり。w

そして音無の件ですが、これは私もいまいち分からなかったところですね。
とはいえ、その1話1話が楽しかったので、僕はそれだけで満足でしたw。
確かに物足りない?矛盾してる?ところはあるのかもですが、そうした余白を、二次として詰めてくのもパズルみたいで面白いかもですね。

最後に、
秘蔵っこを公開してくれて ほんとうに ありがとう。w

>ておさん
コメントありがとうございます。
ありゃりゃ(汗)、それは残念です。
確かに色々な考察をしていくのも、楽しみの一つですね。
情報ありがとうございました。

むぅ……別の考察を考えて見ますかね。

追伸、最終回後の制作者インタビューが載っている雑誌は
メガミマガジンと電撃G's magazineのそれぞれ最新号です。
ご参考までに。

はじめまして!感想興味深く読ませてもらいました。

ただ、残念ながら「音無がAP作者説」は先日発売されたアニメ誌のインタビューで公式に否定されてしまいましたね。
音無はBパートのあと成仏してCパートにつながっているそうです。

>Q5 ラストシーンの音無の"その後"が気になります。

>A5 ひとりで残っていてもしょうがないので、あのあとちゃんと旅立っていったと思います。
>「俺は人の役にたった、だからそう悪い人生じゃなかった」と。
>彼もあれはあれで報われたわけだし、あそこでジタバタと留まる彼じゃないと思うんです。
>先へ進むには次の人生を……と考えるはずです。
>そこが、こんな人生を与えやがって、と神に抗っていた戦線メンバーとは違うところですね。

今後設定資料集なども出るのかもしれませんが、
あくまでも作品として完結したTVシリーズとしての「Angel Beats!」という物語は、
そういう終わり方(奏の後を追って転生した音無は、来世で音無と再会できた)ということのようです。

それと、脚本家の麻枝氏は2008年の7月に脚本の執筆を開始し、2008年の10月には書き終えていますので、
最初から13話1クールでの制作は確定していたはずです。

公式の設定が明かされるたびに考察が潰れてしまうという面もありますが、
それでもこの作品の楽しみ方はやはりそこにしかないかなと思います。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl