カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

とりあえず泥状態から復活しました

 こんばんは、朱雀です。
 徹夜明けで泥のように眠っておりましたが、今復活しました。
 本格的な更新は明日以降を予定しております。

 温かいコメントありがとうございました。
 お陰さまで、どうにか完成です。

 何を書いていたかと申しますと……PBWのシナリオリプレイ小説です。
 興味の無い方にはどうでも良いリンクですが、一応貼り付けておきます。
 公開は6月9日ですので、便宜上「製作中」になっております。

■今回執筆したシナリオ
 【シナリオタイトル】
 【異界消滅】闇の存在を食らう者

■過去納品物
 【シナリオタイトル】
 タイガ警備保障 短期臨時社員特別訓練

 【シナリオタイトル】
 街に木霊する業魔の咆哮

---------------------------------------
この作品は、「朱雀 翔」が(株)遊友館の業務にて製作した物です。
本作品の著作権の管理は(株)遊友館が行っています。
Copyright(C)2009-2010 YOU-YOU-KAN Corporation. All Rights Reserved.
---------------------------------------

PBWとは

(遊友館より)
 PBW(プレイ・バイ・ウェブ)とは、共通の世界観や設定の中で、貴方自身で作成したキャラクターを使って、他のユーザーやクリエーターとのやり取りを通して、一つの「ドラマ」を作っていくゲームです。
●演じる事の楽しさ
 TVや映画を見ながら「自分ならこうするのに!」と思った経験は誰でもあるでしょう。PBWでは、貴方が作成したキャラクターを貴方自身で演じる事になります。
 演じることによって楽しさを得られるのが、PBWの醍醐味のひとつです。
●創作の楽しさ
 PBWでは、メインとなるノベルやイラストといった創作物を制作するのは、あくまでも「クリエーター」という人間であり、事前に用意された機械処理ではありません。
 クリエーターは貴方の依頼に基づいて世界観に乗っ取った創作物を制作する事になるのです。もちろん、人間であるからには、貴方の依頼を100%正確に把握する事は困難ですが、逆に貴方の想像を上回る創作物を生み出す事もあります。
 貴方の意図をクリエーターが上手く反映した上で、ぴったりと息の合った創作物が完成した瞬間の恍惚感は、機械処理のコンピューターゲームの比ではありません。
●遊友館PBWの目指す「共有感」
 PBWは多くの人々と一緒に一つゲームに参加する多人数参加型企画であり、最も重要となるキーワードは「共有感」です。
 遊友館では当社運営のPBWにおいて、運営・ユーザー・クリエーターといった枠を超えた「創作の共有」というテーマを掲げています。
 「創作」や「表現」という行為は、誰もが持っている知的な欲求と言えるでしょう。そういった欲求を見知らぬ人達と共有できる事を、遊友館は素敵な事だと考えています。

(Wikiより)
 プレイバイウェブ (play by web 略称 PBW) は、「プレイバイメール」(「メールゲーム」「メールRPG」)と呼ばれる多人数同時参加型ゲームの類型である。

 行動宣言(プレイング)と結果通知(リプレイ)の手段としてウェブを利用するため「プレイバイウェブ」と呼ばれている。
 郵便媒体のPBMが主流であった時代は1ターン=1ヶ月を十回前後、1つのシナリオに数十名~時には百名以上のプレイヤーが参加するのが普通であったが、ネット媒体のPBWでは1ターンのサイクルは大幅に短縮され、また1シナリオあたりの定員も数名~十数名程度と細分化され、一般的なTRPGに近くなった。

 現在の商業PBWではキャラクター登録と交流用掲示板だけなら無料、必要に応じて様々なオプションサービスに課金するというスタイルが主流になっている。
(シナリオ参加は有料です)
 MMORPGでいうところのアイテム課金制に近い。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>HANA子さん
実を言いますと、私は「蓬莱学園」を知りません。
ググッてみてやっと理解しました。
PBM(プレイバイメール)では、結構メジャーなんですね。

PBWでメジャーと言えば、「シルバーレイン」と「無限のファンタジア」です。
リプレイ小説も単行本化されて書店で販売されています。
私の書いている「宵闇幻影奇譚」は超マイナーでして、まだオープンβの段階です。

シナリオを読んで頂きまして、ありがとうございます。
荒削りで稚拙な文体で恐縮致します。
ちゃんと指導してくれる人がいませんので、色々と迷走しております。
初めて書いたリプレイのお客様の感想は「作文」という厳しい評価でした(汗)
今も恐らくそのレベルかも知れません……。
それでも一生懸命に書き続けるしかありませんけどね。

あれですか、
昔で言う所の蓬莱学園とかの類のゲームなんでしょうか
わたしがやっていたわけではないんですけど、
兄ちゃんがなんか詳しいもんで
シナリオ、ちょっと拝見させていただきますね~

>hiroogerさん
PBWは結構マイナーですからね。
でも意外な所で見た事がある筈です。
「ナイトウィザード The ANIMATION」は、PBWが原作なんです。
アニメの登場人物は、PBWのNPCだったりします。

>九十九さん
気に入って頂いてありがとうございます。
機会とご縁がありましたら、ぜひプレイしてみて下さい。

>レナさん
ありがとうございます。
ラノベ作家さんのように、編集さんから的確なアドバイスが貰える訳でもありませんので、プロと言っても同人作家さんと同じ自己流だったりします。
ですので文面が未だに素人っぽいのが悩みの種ですね。
凄いと言って頂いたのは、実はレナさんが初めてです。
今まで感想とかファンレターといったものは、頂戴したことがありませんので、そう言って下さるだけで励みになります。

PBWですか・・
はじめて耳にしました!
シナリオすごいですね!

お疲れ様でした~。

ボクもこういうのは、初めて知りました。
結構設定とか、システムとか、おもしろそう~

お疲れさまでした(^◇^)

へぇ、こんなゲームがあったんですね ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

知りませんでした(^O^)/
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl