カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の見せる狂気を、目の当りにした気がしますね……

 こんにちは、朱雀です。
 本日は「春の新番アニメの第1話を見た感想」を書く予定でしたが……急遽変更して、この記事を掲載します。
 なおニコニコ動画は、過激でショッキング映像(グロくはありませんが……)ですので、ダメな人は見ないようにして下さい。

 衝撃!「よし、8人始末した」 米軍ヘリの極秘動画公開

 米軍の攻撃ヘリが、イラクで通信社の記者含む約10名を攻撃する様子が生々しく撮影された機密動画が注目を浴びている。機関砲を撃ちまくって殺す、というショッキングな内容だ。YouTubeでは80万回近く再生され、これを見た世界各国の人から非難のコメントが殺到している。

 この動画は、米国の内部告発サイト「WikiLeaks」によって2010年4月5日、公開された。事件は首都バグダッドで、2007年に起きた。米陸軍アパッチ攻撃ヘリの砲撃により、ロイター通信の記者2名を含む約10人が犠牲になったが、その時の様子を、ヘリから白黒で撮影したもので、兵士達の会話も生々しく記録されている。

 死亡したのは民間人かテロリストか

削除される可能性大ですので、万一削除されていましたら申し訳ありません。

 ヘリは、上空から市街を歩く10人ほどの集団を確認する。みな普通の服装で、2名ほど武器を持った人物もいるが、それ以外は丸腰だ。パイロットは「5~6人がAK47(自動小銃)を持っている」と報告。発砲許可を求め、「攻撃は自由だ。以上」という答えが返ってくる。

 ヘリは攻撃のタイミングを伺うが、その時ビルの建物の影に、筒のようなものを持った人物が隠れる。これを「RPG(ロケットランチャー)を持った奴がいる!」と報告し、「全員やっちまえ」と、上空から機関砲を連射。

 砲撃で一体が砂煙だらけになるが、砲撃は続き、「よし、8人始末した」。会話には笑い声も交わり、まるでゲーム感覚だ。路上にはバラバラに飛び散った死体が見られる。

 米国の報道などによると、後の調査で、ロイター通信のフォトジャーナリストが持っていたカメラを、パイロットがロケットランチャーと勘違いしたことが分かったという。動画では、その後負傷者を救出するためにやってきたワゴン車を砲撃する様子も記録されている。

 「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

 この動画はYouTube上にアップされ、11日現在までに約76万回再生された。コメントも大量に寄せられており、米国のユーザーからは、

「おれには武器に見えるけどね。この地域では、彼らはよく武器を持ち歩いているそうだし、このビデオからは彼らが無害な一般市民であるという証拠は読み取れない」
「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

 といった米軍擁護の意見も見られる。

しかし一方で、

「米国人はテロリストじゃないか。おれは引っ越したくなったよ」
「こうした馬鹿げたことの言い訳に、『戦争だから』っていう言葉がよく使われるけど、戦争なら動物のような振る舞いをしていいのかい?」

といった非難の書き込みが多数寄せられている。米国人にとってはかなりショッキングな映像だったようだ。

 米国以外からは「彼らはテロリストじゃない、自分たちの国を守っていただけ。米国人には全てのアラブ人がテロリストに見えるんだろうね」(スペイン)、「米国が言っていた大量破壊兵器は見つかったのか?」(メキシコ)といった米軍を非難するものがほとんどだ。

 日本では、ニコニコ動画に掲載され、「ひどい……」「これはないわ」といったものや「疑心暗鬼にならなくても武器に見える」といったコメントが寄せられている。

***************************

 戦争というものは、健全な人々の精神や思考まで蝕み、狂気へと変貌させるという事が実証されたような映像です。
 彼らの目には、どんな物でも「兵器」に見えてしまうようです。
 「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」で前原圭一が、おはぎに針が入っていたと誤認したり、筆記用具が凶器に見えたりするのと同じ現象が現実に起っているとも言えそうです。
 戦争は確かに科学と文明の進歩を促し、埋もれていた英雄達を輩出させますが……これを見る限りでは、やはり「ただの野蛮な人殺し」に過ぎないと言えますね。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

Comment

>りきゅーさん
アメリカと言う国は、一見友好的に見えますが、その実敵対勢力に対しては容赦がありませんからね。
そういうお国柄である事は、「訴訟」の多さからも窺い知れます。
相手が自分よりも弱い立場であれば、問答無用で叩き潰しに行く精神はブッシュ政権でも垣間見えていましたからね……。
こう言っては不謹慎だとは思いますが、訓練に明け暮れた兵士達にとって、実戦は正にゲームなんでしょうね……。
これもまた平和ボケの表れなんでしょうか……。

了解です^^
お気になさらず。

これはまさしくひどい…。
撃たれた人を救出している人まで撃つとは、
仮に撃たれた、救出していた人がテロリストであったとしてもひどいですね。
仕方がないなんてことは絶対ないですよ・・・。例え一人の市民であったとしても犠牲は出してはいけないはずです。

真剣なコメントの後なんですが前記事の「ゲスト」は私でした;名前入力が消えてました。申し訳ないですm(_ _;)m
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl