カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終了したアニメの感想 前編

 こんにちは、朱雀です。
 4月を間近に控え、終了を迎えたアニメも増えて来ました。
 本日は、見終わったアニメの感想を書いていこうと思います。

 この手の記事にはお約束があります‥‥。
 『最終話のネタバレ』要素を過分に含んでおりますので、ご注意下さい。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
 このアニメで「一番やりたかった事」を最終話で見せてきた感じです。
 カナタが「タケミカヅチ」の上で奏でた曲こそ、この一瞬の為だけに張られた伏線でした。
 音楽によって戦争を終結させるという演出は、マクロス以降使い古されておりますが‥‥そこにロマンを感じたり、感動ドラマがある事は、万人が認める所です。

 あえて粗を探すとすれば、ノエルの過去を「大量虐殺者」にする必要があったのか? と言う点ですね。
(天才少女であったノエルは、毒ガスプラントを復元させた事で、当時は幼女であったにも関わらず、「見えない死神」「ヘルベチアの魔女」と呼ばれ、敵国から恐れられた)

 隊長のフィリシアの過去は、「前大戦の経験者であり、小隊唯一の生き残り」という位置付けとして考えれば必要かも知れませんが‥‥ローマ兵少女アーイシャと、ホプキンス大佐との絡みだけで背負うには、ノエルの過去はあまりにも重いと言えそうです。
 そういった「負」の魅力を持たせる事で、ノエルのキャラが立った事には変わりありませんが‥‥。
 いずれにしても、このアニメはお勧めの名作であると思います。

とある科学の超電磁砲(レールガン)
 流石に2クール使っただけあって、演出も作り込みも申し分のない完成度です。
 それぞれの主要キャラクターも存分に活かされており、非の打ち所がありません。
 特に黒子は最高ですね(笑) 声優さんも上手いです。
 褒めすぎて、他に書く事が見つかりません(^^;)

キディ・ガーランド
 じゃっじゃーん! (これは違
 第1話の印象と、最終話の印象が全く違う作品です。
 前作に当たる「キディグレイド」は、「肉体交換による時間の超越」を全面に押し出した本格的SF作品でしたが、今作の主人公が「ESメンバー見習い」という事もあってか、非常にライトな作品に仕上がっています。
(消耗した肉体を交換する事で何十年も生きていくといった所は、超人ロックに近い(厳密に言えば違いますが)かも知れません)
 最終話で、新旧の主人公達が対面するシーンは、散々待たされた分感動もひとしおでした。

 最後のエンディングで、死んだと思ってた人達が生きててお茶を吹きましたが‥‥まあそれも「有り」かなと。
 もし第3期を作る事があれば、ぜひエクレールの出番を増やして下さい(笑)

おまもりひまり
 日本三大妖怪編も無事に終わり、いよいよ世界妖怪編に突入するフラグが立ちました(違
 最終話で「玉ちゃん」こと玉藻前 (白面金毛九尾の狐)が、ちゃっかり居候に加わっていましたね。
 玉ちゃんクラスの妖怪が優人陣営に加わってしまえば、日本で敵対する勢力はもういないでしょう。
 酒呑童子も敗れ、残りの大天狗(崇徳上皇)は神様として祀られている地域もある事を考えれば、「大人の事情」で敵対勢力として出せないかと思います。
 クエスが西洋魔術習得の為に海外で修行した経緯も合わせて考えた場合、やはり次は世界妖怪編に‥‥(^^;)

 感想としては、そこそこ面白かったです。
 神クラスとは言いませんが、つまらない要素が少ないので安心感はありましたね。
 主人公のハーレム状態が許せないという人には、正直厳しいとは思いますが‥‥。

■最後に
 れでぃ×ばと! も終了していますが、まだ最終話を見ていませんので後編に回します。
 全てを見終えるまで少し日数を挟みますが、残りの感想は後編で書こうと思います。
 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl