カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

「銀河英雄伝説」が舞台化

 こんにちは、朱雀です。
 今まで有りそうで無かった「銀河英雄伝説」の舞台化が遂に実現されるようです。
 ファンにとっては朗報ですね。
 
 銀河の歴史がまた1ページ、田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」が舞台化

 銀河帝国と自由惑星同盟の戦いを描いた田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」が舞台化されることになりました。公演は2011年1月に青山劇場で行われる予定だそうです。

詳細は以下から。


■舞台「銀河英雄伝説」リンク
 http://gineiden.jp/
↑クリックで公式HPにジャンプします↑

 「銀河英雄伝説」は1982年から87年にかけて刊行された小説で、銀河系を舞台に繰り広げられる銀河帝国と自由惑星同盟の戦いを、それぞれの国に属するラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーという二人の英雄を軸に描いています。分類としてはSF小説になるのですが、科学技術を掘り下げて描くようなことはせず、人物たちの群像劇を中心とした歴史小説のような形になっています。

 オリジナルは徳間ノベルズで刊行されましたが、その後愛蔵版(1992年・1998年)、徳間文庫(1988年、1996年~1998年)、徳間デュアル文庫(2000年~2002年)、創元SF文庫(2007年~2009年)でも刊行され、総計1500万部を突破。漫画、アニメ、ゲームなどのメディアミックス展開も行われています。

 特に、アニメは映画が3作、OVAが本編全110話、外伝全52話が制作され、そのキャストの豪華さから「銀河声優伝説」の異名を取っています。

 どのあたりのエピソードを舞台化するのか、どのようなキャストが演じるのか、気になるところです。
(Gigazineより)

******************************

 興味のある方は、一度ご覧になっては如何でしょう?
 人間ドラマを中心にした物語である事は確かですが、艦隊戦シーンなどをどのような演出で見せるのか、結構気になりますね。

 配役もいっその事、声優さん達にやってもらうのも面白そうではありますが‥‥。
 それは又、別の話ですね(^^;)
 舞台の成功をお祈りします。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>リードマンさん
お! もしかして行かれるのですか?
公演は来年の1月ですので、それまでに色々な情報もあがってくると思いますので、考える余裕はありそうですね。
期待に胸膨らませながらお待ち下さい。
(何だか関係者のようなコメント返しになりましたねw)

>五月のはえさん
確かに懐かしいですね。
最後のセルアニメとまで言われていましたので、今見直すと中々味のある作画の時もありました。
ワーレンの「たらこ唇」とかビッテンフェルトの「たらこ唇」とか‥‥w
いずれにしても、機会があれば観て見たいですね。

しかし、また懐かしい作品を・・・、という気がします。^^;
是非見たい!とまでは思いませんが、どうやって舞台で表現するのかが、気になるところではありますねえ。

な… なんですと!?
舞台化、ですか。これは・・・凄いね。

銀英伝は大好きでDVDBOXとか持ってるんですが…
これはどうしようかなぁ。大丈夫なんだろうか。
期待しつつも怖いですよ、コレは。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl