カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今時楽な就職先なんて皆無でしょうw 夢見過ぎかと

 こんにちは、朱雀です。
 ようやく津波警報も解除されましたね。

 本日の時事日記。

 就活生惑わす「ブラック企業」情報 火のないところに煙はたたないのか
 ネット上に書き込まれた「ブラック企業」の噂に、就活中の大学生が敏感になっている。どんなことが書いてあるのか。

 ブラック企業とは、従業員に対して、法律に抵触する可能性がある条件で労働をしいるような会社を指す。仕事に見合わない低い賃金や、サービス残業がやたらに多い職場、経営者が独善的などなどだ。小池徹平さんが主演した映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」(2009 年11月公開)によって、言葉自体も広く知られるようになった。

 寝る時間がないので閉店後店舗で寝泊まり
 グーグルで「ブラック企業」と検索すると、今や300万件以上がヒットする。検索結果の上位には、ブラック企業就職偏差値なるものも出てくる。具体的な社名が明記され、仕事が激務であることや体育会体質の社内風土、ノルマ主義や飛び込み営業の有無などがもっともらしく書き込まれている。真偽はわからないし、中傷に近いものもある。

 働いていた人による書き込みもある。掲示板サイトでは、ある人材サービス企業の項目に次のように書き込まれている。

 ――訪問販売のような仕事で一日平均200件訪問していた上、土日祝日は必ず出勤。達成不可能と思われるノルマが課せられたこともあった。

 この会社では同期入社で辞める人も多いらしい。入社は辞めた方がよい、とまで書かれている。ただし、入社4年目という別の人は、個人の努力やチャンス次第では成長できる、としている。

 一方、ある飲食店の場合は、過労で倒れた入社4か月目の社員がいた。寝る時間がないので閉店後、禁止されている店舗での寝泊まりをする人もいたという話が出ている。

 就活中のある大学3年生は、ネット書き込みが「どうしても気になってしまう」と語る。一番気になるのが過労の話だ。「掲示板に書かれていることは、火のないところに煙はたたないと思うので、参考にできる部分もあると思います。事実でなくても先入観をもってしまうところがある」

 就活には絶対失敗したくないので情報が大事だ。経済状況を考えると入社後、自分が転職するとは考えにくい。良い噂を聞かない会社場合、ネットでさらに検索して情報を収集している。また、大学のOBに接触することもあるが、それだけで判断ができない。その際、会社の体質や雰囲気をつかむために参考にすることもあるそうだ。

 「あまり気にしすぎるのもよくない」
 一方、駒澤大学キャリアセンターも、ネット書き込みについては「学生から相談を受けることがある。離職率や労働条件を心配しているようです」と話す。必要以上に不安がる学生には、話半分に受け取るようにと諭すこともある。

 「ブラック企業アナリスト」として知られている、人事コンサルタントの新田龍さんは「悪意ある書き込みもありますが、中には少なからず、働いている人が感じていることが反映されているものがあるのでは」という。その上で、就活生には「あまり気にしすぎるのもよくない」と指摘する。

 人によっては必要以上に深刻にとってしまう場合もあるからだ。新田さんは「会社は本人にとって魅力的かどうかという観点で選ぶべきだ」とアドバイスする。たしかに残業が多く仕事がきつい職場もあるが、それに見合う賃金、地位、得られるスキル、人脈に魅力を感じる場合だってある。

「(ネット書き込みは)いくつかある情報の中の一つの参考にとどめておくべきです。自分が得たいものは何か、考えてみることをオススメします」
(J-CASTニュースより)

******************************

 学生の皆さんにとって、はじめての就職先に不安を感じる気持ちも分かります。
 しかし、あえて言わせて頂きますと‥‥、今時楽に給与がもらえる仕事はありません。
 定時で終われて、その上ボーナスの安定支給や退職金が欲しいのでしたら、最初から公務員を目指すべきですね。
 『全て』とは言いませんが、多くの企業では『ボーナスなし』『退職金制度なし』がデフォになってきています。

 ブラックと言って無闇矢鱈と騒いでいますが、それは『仕事内容』によって仕方がない部分もあります。
 それにプラスして、人情的な部分でサービス残業というのは自然と発生して来るものです。

 例えば、私が勤めていた某医療器械メーカーの場合。
 機械の修理や新規機械の入れ替えといった作業は、通常『診療前』に終えておく必要があります。
 こういったメーカーの多くは支店数も少ない為、自然と担当エリアが広くなります。
 私の例ですと、近畿圏全域が担当エリアでしたので、1日平均400キロ近くを営業車で走り回っていました。
 その為、朝は4時に起きて直行で舞鶴に行き、終われば姫路に寄って、大阪、南下して和歌山白浜といったケースもありました。
 帰社して来たのが夜中の0時過ぎ‥‥。日報を書いて車を社に置いて帰宅。(直帰は禁止であった為)
 2時間ほど家で寝て、また4時に起きて‥‥の繰り返しでした。
 給与は当時としては普通くらいでしたね。残業手当が付きませんので、深夜まで仕事をしても給与は増えないです。

 また、この手の企業には『休日当番』という制度があり、休日にローテーションで出社して、修理依頼の電話番をします。

 このように、業種によっては過酷な労働を強いられるケースも当然の様に存在しますので、それを「ブラックだ」と一括りにしてしまうのはどうかと思います。
 幸いな事に、私が勤めた企業の中では、この医療メーカーが『一番楽な仕事』でした。
 給与が3ヶ月遅配する所や、通常業務を夜8時に終わった後、関連企業のコンビニに出向させて、深夜12時まで働かせる所もありました。(もちろん手当てはありませんし、給与のうちです)
 探偵の仕事では、盆も正月も無かったです。むしろ浮気の素行調査で忙しかったです(汗)

 私が言える事は‥‥とりあえず良さそうな所があれば、入ってみる事ですね。
 良くも悪くも、全ては人生経験です。そういった事が後々肥やしとなって人を成長させていきます。
 後輩などに就活のアドバイスをするにも、やはり経験は必要です。

 再就職は確かに厳しい状況ですので、履歴書に傷を付けたくないと思う人もいるとは思いますが‥‥あまりに『まっさら』過ぎるのも、「社会人としての経験不足」を問われます。
 経験と言うのは、何も業務の経験だけを問う訳ではありません。
 社会人としての人間的な成長も見られますので、履歴書の職業欄は気にしない方が良いですね。
 それをフォローするのが『職務経歴書』ですので、どんな事を各企業で学んで来たのかをアピールして下さい。

 長くなりましたが‥‥本日の日記はここまでです。ありがとうございました。
(説教臭いのは年寄りの性(さが)ですw)

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

Comment

>りきゅーさん
ブラックとは言いませんが、キツイ仕事‥‥もしくは労働条件が悪そうな企業の選別方法はあります。
求人誌を毎週読むと良いですよ。
人の出入りが激しい企業は、いつも求人を出してます。
求人広告を定期的に出せる状態(そこそこ儲かってる)なのに人がいない‥‥何かあると思って間違いありませんね。
業界としての求人傾向も掴めますので、こういったアンテナも役に立つかもしれません。
就活の時期が来たら、お役立て下さい。

わぉ、、、今年から大学3年になる私にとって重要な話キタ(゜Д゜)

確かにこういう噂を聞くと不安になります。
しかし、もともと仕事というものはツライものだと考えています。そういったツライ中でやりがいを見つけることができればいいな~とか思っています。(この考えも甘い気がしますが;

まだ実際に仕事に就いていないので、仕事に就いて実際に経験すると考えが変わるのでしょうが・・・

経験豊富な朱雀さんの意見はとても参考になります。
やはり私にはまだまだ人生経験が足りませんね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl