カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

正月早々から、耳に痛いニュースばかりです

 こんにちは、朱雀です。
 本日は昨年末に起ったニュースや出来事の中で、特に印象に残ったものを取り上げて見ました。
 これらの報道記事を読んで、どう思われるかに付きましては、個人に委ねたいと思います。

 学生時代の頃は、政治の話題なんてどうでも良いと思っていましたが‥‥実際には『芸能人でも出来る程度の内容』なのか――と思ってしまえば、「別に頭使わなくていいんだw」と思えてしまう所が何とも不思議です。
 政治の話題は難しいといった固定観念を捨てる事が出来れば、今まで見えて来なかった新しい世界が見えて来た‥‥そんな気がします(藁)

 亀井氏が天皇陛下との会話漏らす 過去には辞任した閣僚も

 亀井静香郵政・金融担当相がテレビ番組の中で、天皇陛下に会った際、「権力の象徴であった江戸城(現皇居)にお住まいになられるのは、立場上相応しくないのではないか。京都か広島(亀井氏の出身地)に移られてはどうか」と伝えた、と明かした。

 亀井氏が陛下と会話したのは、12月24日、鳩山首相も参加した宮中昼食会と見られている。番組内では「陛下は黙って聞いておられました」としていたが、その後、報道陣の取材に対して「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」と暴露した。

 閣僚が天皇陛下との会話の内容を明らかにするのは極めて異例。過去には昭和天皇との会話をマスコミに漏らして辞任した閣僚もおり、亀井氏の発言は議論を呼びそうだ。

***********************************

 (言いたくても)何も言えない陛下に対して、実に慇懃無礼な発言だと思いますね。

 次は『お勉強』の記事を一つ。
 亀井氏や小沢氏も、この記事で基礎をもう一度学ぶべきですね。


***********************************

 【正論】東洋学園大学准教授・櫻田淳 「臣」の作法は忘れ去られたか

 ≪「権勢」を奮う心構え≫

 先刻、習近平中国国家副主席の訪日に際して、外国賓客接遇に関する「1カ月前告知ルール」と呼ばれる慣習が破られる体裁で、天皇陛下との会見が設定されたことは、鳩山民主党主導内閣による「天皇の政治利用」という趣旨の疑念を噴出させた。ただし、此度の紛糾が問い掛けているのは、実は、鳩山由紀夫総理や小沢一郎民主党幹事長のように、民主党主導内閣を差配している人々が、どのような意識の下で自らの「権勢」を奮っているのかということである。

 そもそも、日本は、民主主義国家ではあるけれども、その国制は、「共和制」(republic)ではなく、歴然とした「立憲君主制」(constitutional monarchy)に他ならない。故に、「君主制」と「民主主義体制」の微妙な均衡の下に成っているのが、日本の政治体制である。「民主主義国家」と「立憲君主国家」の2つの相貌(そうぼう)を併せ持つ日本においては、国政に携わる政治家とは、「『民』に選ばれて『臣』の列に連なり、『君』に仕える人々」でしかない。

 ≪憲法理解の不十分な小沢氏≫

 天皇を「国家と国民統合の象徴」と位置付けた現行憲法典の下でも、そうした「立憲君主国家」としての流儀は受け継がれていた。たとえば、現行憲法典制定時の宰相であった吉田茂は、自ら「臣・茂」と称し、最晩年に至って宮中から鳩杖を下賜(かし)された。鳩杖の下賜は、古来、老齢の功臣に与えられた最高の栄誉であった。そして、吉田の直系の弟子であった佐藤栄作も、師と同様に自ら「臣・栄作」と呼んでいた。吉田も佐藤も、戦後の宰相としては最も長い執政期間を刻んだけれども、その宰相としての「権勢」が、「筆頭の臣」(Prime Minister)として「君」に仕えるためのものに過ぎないことを充分(じゅうぶん)に心得ていたのである。

 故に、日本は、「立憲君主国家」である以上、それに相応(ふさわ)しい慣習がある。議論の焦点になっている「1カ月前告知ルール」は、慣習としての歴史は浅いかもしれないけれども、「生身の人間」である天皇陛下の御年齢と御健康とに配慮した慣習として定着してきたものである。そして、現在の宮内庁長官は、そうした「立憲君主制」の擁護を皇室に最も近いところで担っている官職である。羽毛田信吾長官が、そうした様々な慣習の侵食を警戒するのは、むしろ当然のことである。然るに、鳩山総理や小沢幹事長のように、羽毛田長官の姿勢を「杓子(しゃくし)定規」、「金科玉条」などと批判する感覚こそは、彼らにおいて、日本が「立憲君主国家」であることの意味が適正に理解されていないことを示している。

 ところで、小沢幹事長は、先刻の記者会見の席で此度の紛糾に対する所見を求めた新聞記者に「憲法を読んだか」と怒気を含みながら詰問したと報じられている。しかし、外国賓客の接遇は、憲法典上の国事行為ではなく、各地の行事への行幸(ぎょうこう)と同様に公的行為と分類される。こうした国事行為ならざる行為に、どこまで内閣の意向が反映されるべきかには、決して自明の説明はない。逆にいえば、外国賓客の接遇は、国事行為ではない故にこそ、そこには皇室の「一視同仁」の価値観が直接に反映されていた。この意味は誠に重いものなのである。先刻の記者会見の風景は、小沢幹事長が現行憲法典の字面しか読まず、「臣」としての分際(ぶんざい)を弁(わきま)えてない実態を暴露している。目下、民主党内では新人議員を対象にした「研修」が延々と続いていると伝えられているけれども、小沢幹事長こそが、相応の「臣」としての「研修」を必要としているのではないか

 ≪謝罪と感謝を伝えたのか≫

 京都・清水寺で発表された「今年の漢字」は、「新」であった。振り返れば、丁度(ちょうど)、2千年前、古代中国・前漢崩壊後に王莽(おうもう)が樹立し、僅(わず)かに一代、十数年だけ存続した王朝もまた、「新」と称される。古来、王莽は、「姦臣」の代表格として語られる。故に、『平家物語』でも、王莽は、「旧主先皇の政にもしたがはず、楽(たのし)みをきはめ、諫(いさめ)をもおもひいれず、天下のみだれむ事をさとらずして、民間の愁(うれふ)る所をしらざしかば、久しからずして、亡(ばう)じにし者ども」の一として記された。現下の情勢を前にして、鳩山総理や小沢幹事長が王莽に類する「姦臣」であり、鳩山民主党主導内閣が「新」王朝の類であろうと論ずれば、それは牽強(けんきょう)付会に過ぎよう。

 しかし、そうであるならば、鳩山総理や小沢幹事長は、どのような「臣」としての意識を持っているのか。そもそも、彼らは、天皇陛下に異例の経緯での賓客接遇を求めたことに、慙愧(ざんき)と感謝の念を宮中に伝えたのであろうか。それとも、彼らは、初めから「臣」としての感覚を持たずに「権勢」を奮っているのか。鳩山民主党主導内閣における「権勢」の行方を展望するにも、このことは厳しく問い質(ただ)されなければなるまい。
(さくらだ じゅん)

*********************************

 少し偏りはありますが、まあ概ね正論ですね。私ごときでは突込み所がありません。
 興味の無い方には、どうでも良い記事ではありますが(^^;)
 少なくても今の政治家さん達には、特に読んで欲しいと思います。


*********************************

 記者や学者の操縦は簡単 財務省に蓄積されたノウハウ(元財務官僚 高橋洋一さんに聞く)

 財務官僚が日本を動かしている――それは都市伝説なのか。彼らの前には、予算チェックを担う政治家もいれば、「権力を監視する」マスコミや「ご意見番」審議会の存在もある。財務官僚たちは、彼らとどう向き合い、どう「操縦」しているのか。元財務官僚で安倍政権の内閣参事官も務めた、政策工房会長、高橋洋一さん(54)に聞いた。

 マスコミは「紙」食ってるヤギに等しい

――マスコミ関係者と接していた経験から、彼らをどう見ていますか。

高橋: 審議会に入り手なずけられる「ポチ」もいますね。「マスゴミ」なんて言葉もありますが、「紙」を食ってるヤギのような存在です。彼らは記事を書くために、すぐ役人に「紙」「ブツ」を求めます。概要や要点を書いた資料のことですね。すると彼らはそれをそのまま記事にします。それがないと不安で記事が書けないようです。バックグラウンドを理解しようとしません。出発点になっている法律を読み込む力もないし、そもそも読んでない。「紙」には、役人は自分たちに都合のいいことしか触れません。
 例えば、エコポイントはいい制度だ、という声を聞きます。確かにいい部分を含んでいます。しかし、役人たちがその影でいくつ天下り団体を作ったことか。新制度、法律を作るとそこにくっついている話なのにマスコミは気付かない。役人にしてみれば、ちゃんと法律にも予算書にも最初から書いてますよ、それを国民の代表たる国会議員が通しましたよね、マスコミもなんら問題視してませんでしたよね、それを後になってから天下り団体がけしからんと言われても困るんですよね~といった思いでしょう。

――法律や予算書が読める「怖い記者」はいましたか。

高橋: いなかったですね。プロじゃないと読めません。政治家も学者も読めてませんから。シンクタンクに取材する記者もいますが、シンクタンクの担当者が誰から情報を得るかと言えば役人です。役人に聞かないと彼らも理解できない。手前みそですが、私が立ち上げた『政策工房』は、予算や法律が解る人間が法案作りなどの手助けができないか、という思いから生まれました。

 ファーストクラス乗せて学者籠絡

――審議会などの存在も、役人の筋書きを権威付けるために利用されているだけだ、という指摘もあります。

高橋: その通りです。まず人選。学者については著書を読めばどういう立場かすぐ分かるので、例えば賛成派9 割、反対派1割という具合にまとめます。反対派を増やさざるを得ない状況もありますが、やり方はあります。反対派の人の都合の悪い日に会合を設定する、などはよく使う手です。タイムスケジュールも結論も最初から決まっています。「5月の連休明けに結論を出すから逆算して……」と段取りをつけます。
 誰が何を言いそうかは、データベース化しています。私も少し関わっていましたが。色分けが済んでいて、誰を選べばいいか、誰を避けるべきか瞬時に分かります。審議会のメンバーになると、海外出張の予算が付きやすいなどの「特典」もあります。で、その際財務省の役人も「おもてなし」のため付いていきます。私もやったことがありますが、外務省に任せるなんてとんでもない、財務省が入管から完全に自前でアテンドをやります。入管は待たずにすっと通れます。
 担当の役人が直接話をつける訳ではないのですが、航空会社への出資・融資関係にちょちょいと声をかければ、簡単にファーストクラスなどのアップグレードチケットが入手できます。当日になって学者に「何故だか知りませんがファーストクラスに変わってました」などと言って勧めれば、大喜び、大感激で乗っていきます。まあ、感激しそうなタイプの学者を選んでる、というのもありますが。これを重ねると役所に好意的になっていきますね。

――スキャンダルをマスコミに流す、ということはあるのですか。

高橋: 私は流したことはありませんが、そういうケースはあります。私が内閣参事官をしていた安倍政権のとき、政府税調の会長だった本間正明教授が(2006年末に)スキャンダルで辞任したことがありました。これは伏線がありまして、当初、財務省から上がってきた会長案は石弘光さんでした。しかし、方針の違いなどから塩崎官房長官が「官邸主導でやる」と財務省案を差し替えました。すると、ほどなくスキャンダルを流された。情報を全部持っていたのは財務省。ああいうタイミングで「愛人」――これは不正確なマスコミ表現でしたが――と官舎問題を一緒にしてスキャンダルとしてやられたと見ざるを得ません。

――国会議員との関係は。

高橋: 徹底的に足を運んで折伏します。土下座する人もいますし、私なんかはあっさりやっていました。勉強している真面目な政治家は意外といるのですが、こちらが「要路」、手順を間違えなければ折伏できます。情報を流す順番とかタイミング、そのノウハウが、財務省には特にしっかり蓄積・伝承されていました。

******************************

 鳩山政権が、急遽マニュフェストを改竄してしまった背景にも財務省が関与していたらしいですので、彼らの影響力の凄まじさは既に立証されていますね。
 ペンは剣より強し! と言われていますが、今の世の中ではそれも難しいシステムが構築されている様です。
 私も真に恐れるべきは国会議員ではなく、官僚だと思いますね。
 彼らこそが日本を影で動かしている‥‥そんな気がします。考えてみれば恐ろしい事です。

 冒頭で『政治家は芸能人でも出来る』と書きましたが、官僚が実務を全て行うのであれば可能であるのも納得が出来ます。
 誰が総理になっても日本が変わらないのも、官僚達の作り上げた『システム』による何かしらの情報操作が影響していそうですね。
 私はこの記事を読んだ時に、『ジオブリーダーズ』の入江の顔が浮んできました。


**********************************

 らき☆すたファンは、もう知っているかと思いますが‥‥
(私は今気が付きましたwww)

 47CLUBで『らき☆すた限定商品』が買えるらしいです。
 残り数は、あとわずからしいですので、お早めに!

バナークリックでサイトに飛びます。
(限定商品販売の為、期間終了によるリンク切れの場合はご容赦下さい)
埼玉新聞 らき☆すた限定商品

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

Comment

非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl