カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

アニメ『11eys』の期待と不安

 こんにちは、朱雀です。
 10月よりアニメ版『11eys』が始まりますが、このアニメに掛ける期待と不安について少し書こうと思います。
 とは言え、私はゲームも未プレイですので、多くは語れません。
 ガイドと言うことで、アニメ版公式HPのリンクと、ゲーム版MADムービーを貼り付けておきました。
 まだアニメも放送されていませんので、あまりネタバレも拙そうです‥‥。
 人物紹介と世界観が分かる程度の、可能な限りネタバレしてない映像を選んで掲載しましたので、これを見れば期待も膨らむと言うものです。
 それでも『MAD』ムービーである以上、多少のネタバレはご容赦下さると助かります。
 

映像終了後のサムネイルで別の映像も見れますが、これらはネタバレ要素満載ですので、ご注意下さい。
 
 期待もある反面、不安要素もあります。
 アニメ製作会社が、このゲームの良い所を上手く引き出せるかどうかと言う点ですね。
 引き合いに出すのもどうかとは思いますが‥‥『カオスヘッド』のようになってしまうのは避けたい所です。
 第2の不安要素として、テレビ放送での規制と言う点です。
 映像を見て頂くと分かりますが、結構流血シーンも多くてカオスな世界です。
 『ひぐらしのなく頃に』や『うみねこのなく頃に』のように、あまりにも凄惨なシーンを盛り込むと、放送を自粛するテレビ局も出そうです。
(最近は色んな関係各所からも苦情が来るそうですからね‥‥(汗))
 しかし、この部分の手を抜くと、このアニメの魅力を半減させる事は間違いないでしょうね。
 その辺りのバランスの取り方が求められますので、製作会社の力量が真に問われる所です。
 
 第3の不安要素は第2の不安要素と被りますが、この作品の持つ雰囲気をどれだけ引き出せるか――と言うことです。
 正直、あまりライトな雰囲気も困ります。萌え系アニメは基本的に明るい色調で輝度の高いアニメが多いですので、この雰囲気で敵対勢力に出て来られても、映像の迫力に欠けます。
 CGを使う手が一番無難な気もしますが‥‥さて、どうなるか期待半分、不安半分ですね。
 杞憂である事を願うばかりです。
 
11eys公式HP

テーマ:見たアニメの感想
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

>リードマンさん
期待が大きい分、不安の反動も比例して大きくなりますからねぇ。
恐らく大丈夫かとは思いますけどね。
監督の下田氏は、あまりストーリーを自分流に変えて行って捻じ曲げていくタイプではないですからね。
ほぼ原作通りに上手くまとめてくれると信じてます‥‥多分(^^;)

11EYESは期待してるところですが…
積んでしまう可能性が高いですねぇorz
原作(XBOX360版ですが)がかなり好きなので見たいんですがね。

アニメのカオスヘッドがどのレベルかは知らないんですが
聞く限りでは厳しい評価が多いみたいですね。
二の舞みたいな事だけは避けてほしいですが… はてさて。
ギャルゲー原作だからと甘く見ないで真剣につくってほしいですね。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl