カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
天気予報
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

しばらく北高に通うことになりました

 こんにちは、朱雀です。
 縁あって、涼宮ハルヒの憂鬱シリーズの舞台となった西宮北高校に仕事で通うことになりました。
 聖地巡礼ではありませんので、写真は撮っていません。
 この暑い季節に、あの地獄坂コースはキツそうかな……と、正直思わなくもありませんが、滅多にない機会ですので、貰った仕事は全力でこなす予定です。
 通学路ですが、『毎日がハイキングコース』とはよく言ったもので、勾配の強い坂が延々と続いています
 校内に入るまでの約20分~30分間、平坦な道がまったくありません
 キョンがアニメの中で、「あの登り坂を毎日通って鍛え抜いた脚力をなめるな!」というセリフがあったと記憶していますが、実際に登ってみますとセリフに説得力があります。

 阪急夙川駅よりバスが通っていますので、この季節はバスを使う生徒さんが多そうです。電車で阪急甲陽園駅まで上がるのと、交通費的には70円ほど高くなりますが、朝の登校時から汗だくですと、1日中汗がベタベタして気持ち悪いですからね。
 実際、登校時間でありながらも電車の中はガラガラです。
 汗だくになりながら阪急甲陽園から徒歩で向かうのは、集団登校が義務付けられてる小学生と聖地巡礼者……、あとは運動系クラブ所属者くらいに思えます。

 しかし、まさか働く側の人間になるなんて想像もつきませんでした。世の中、一体何が起きるか分かったものではありません。
 体力的に余裕が出来ましたら、通学コースの写真でも撮って記念に残したいですね。

 シナリオライターにWebライター、Webデザイナー、PC講師、学校関連の仕事と、いつ寝ればいいのかと思えるほど目の回る忙しさですが、今が一番人生を謳歌している時期なのでしょう。毎日が充実しています。

 劇中写真は、以下のサイト様に詳しく載っています。
●聖地巡礼の旅 涼宮ハルヒの憂鬱 通学路編
 http://www.purevisual.jp/seichijyunrei/suzumiya/haruhi.html

●涼宮ハルヒの消失 ブログカタリ
 http://626shin.blog.fc2.com/blog-category-30.html



 最近では、エキストラもやっています。こちらはシナリオセンターとのご縁で出演することになりました。
 11月6日に中之島中央公会堂で上映されますショートシネマ「上方♡わが町」に出演しています。
 作品はショートシネマということもあり、1本8分程度の長さです。編集でカットされていなければ、どこかに出ています。
(ヒント:ちんどん屋さん)

 余談ですが、クリエーターにとって人脈は非常に大きな力となります。
 人脈の有無次第で、その後のクリエーター人生に、少なからずの影響を与えるようです。
 今年に入り、様々な人たちとの交流を通じて、それを実感しております。
 クリエーターの業界は一般企業と違い、利益の追求を優先するあまり、他社を蹴落とすような弱肉強食な世界と少し違います。
 例えばアニメ制作会社では、元請けと下請けの関係が常に変動しますので、角突き合わさず、互いに協力関係を構築していかないと、良い作品は作れません。

 人生50年と申しますが、私も50を2つほど過ぎた身でして、世代的にザンボット3やファーストガンダムからのアニメファンです。
 半世紀もの間に世の中の表と裏の一部を見てきましたが、自身が知り得た知識や経験を活かすには、人脈やコネクションがないと難しいと感じています。
 たしかに人生は自分だけのものですが、知り得た知識や経験を何らかの形でアウトプットしていかなければ、何のために受験戦争や就職活動を乗り越え、就職後は上司に怒られながらサービス残業に励み、生涯学習と称して自己啓発に勤しむなどして、必死に今日まで生きてきたのか分からなくなります
 今日の科学の発展や文明の発達は、学会の研究発表などを通じて、見知らぬ誰かによってアウトプットされた知識と経験、情報から成り立っています。
 アニメもまた、制作会社によるアウトプットによって映像化され、私たちは見ることが出来ます。
 全てはアウトプットを行う為に、人は学び、インプットを繰り返しているのだと思います。
 古代の洞窟の壁画や近代の書籍、現代のインターネットも、全ては人がインプットして蓄積したものをアウトプットして共有してくいく為に生まれたものと言えます。
 今日における、ググれば(検索すれば)知りたい情報を簡単に入手できるシステムこそ、誰かがインプットした知識や情報をアウトプットし、それを見た人が再びインプットしていく知識の循環であり、知っていることを誰かに伝えたい! この世に残したい! という、本能的な欲求により自然発生したシステムだと思います。

 以上のように、同じ生きるなら、インプットするだけの人生はやっぱり寂しいな~と、日々足をバタつかせてもがき苦しんでいます。
 痛恨の人生設計ミスによって未だ未婚のため、子孫を残せない身としては、せめて鬼籍に入(い)るまでには何かを残せればと考えています。
 人が一人いなくなっても、世の中は何事もなく普通に回っていくのは、両親の他界で思い知らされていますので、ちょっと世の中に一泡吹かせたい心境です。いい意味で。

■最後に(やはりオチはつけませんとね)
 北高への就職に人脈は関係なく、自力応募です。
 ハローワークで募集があったので、応募したらどうにか受かりました。
 本記事は、北高への自力就職と、人脈を広げることで可能性の広がったシナリオライター関連の2本立て構成になっております。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

No title

>>TageSPさん
こんにちは、お久しぶりです。
毎度つたない文章で申し訳ありません。その中から一つでも共感して頂けた事に、喜びを感じています。ありがとうございます。
天寿をまっとうしたら、本当に何も残らずお終いなのに、なぜ人は日々努力を重ね、生涯学習を続けなければならないのかを私なりに考え、至ったのが「アウトプット」です。
これは人が本能的に持っている行動の一つであると思っています。
例えば「師匠と弟子」の関係もそうですし、見方を変えましたら子育てもそうです。教育という名のアウトプットを両親から受けて子供は成長します。
先輩から後輩への指導など、ちょっとしたやり取りであってもアウトプットと言えます。
入れたものは出すのが自然の摂理ですので、どんな形であれ、それを誰かに伝えて少しでも役に立ったなら、生まれてきた意味もありそうです。
少し横に逸れますが、ニートは悪と侮蔑されますが、彼らも彼らなりに生きていますので、その経験をアウトプットすれば、ちゃんと意味のある存在になります。
働かないのはその人の考えであって、生き方とは分けて考えるべきだと思っています。
余談が過ぎました。コメントありがとうございました。

No title

こんにちは

素晴らしい文章の記事で感動いたしました。

>知り得た知識や経験を何らかの形でアウトプットしていかなければ、~、必死に今日まで生きてきたのか分からなくなります。

と言うのは、至言だと感じます。
私も子孫を残せなくなる可能性が高いと感じる今日この頃

せめて、何かしょうもない事でも社会に貢献して残したい。
という欲望を持っております。

何かを貢献ができたら、私だけでなく
私をここまで育ててくれた両親や、よくしてくれた友人や会社の上司の方々に対しても、
頂いてきた厚意に、少しでも恩返しができるかと、勝手に考えています。

サミエル・ウルマンの青春の詩のように
いくつからでも、人生が謳歌できると、拝読していて強く感じました。
そして、読んでいる私も元気を頂けました。

ありがとうございました。


非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl