カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

2016年冬アニメ 一覧(PV集)

 こんにちは、朱雀です。
 豊作だった秋アニメも終わり、1月より冬アニメがスタートしました。
 私の近況としては、今頃になって「コメット・ルシファー」を見始めていますので、冬アニメは撮り溜め中です。
 見れる本数に限りもあることですし、何を見るかはPVを見て決める予定です。

 記事のメイン動画は削除されたようです。
 代わりにオープニング集を掲載します。


 気になるアニメは色々とありますが、とりあえず「シュヴァルツェスマーケン」は必ず見る予定です。
 当ブログでも「トータル・イクリプス」放送時に何度か取り上げていますから、アニメ化によってどうなるのか気になります。


 途中で切れたような終わり方が残念ですが、おさらいを兼ねた舞台背景の説明には十分だと思います。


 少なくともマブラヴ オルタナティブより18年も前のお話ですから、人類軍に希望は……


 シュヴァルツェスマーケンより18年後も地獄絵図は続いていました。




 シリーズのおさらいも兼ねて、この動画も再掲載します。

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

No title

>>sado joさん
こんにちは、今年もよろしくお願いします。
灰と幻想のグリムガルの背景は、原作イラストの白井鋭利さんのタッチに合わせた感じに仕上げていますね。
緻密な色使いの中に、アナログ的な部分もきちんと残した風景画は、仰る通り、ヨーロッパの絵本を思わせる魅力的な背景です。
私は美術の点数は良くなかったので、人様の絵を語るのも憚(はばか)るところですが、見たままの色を乗せていく写実的な絵よりも、目の前の色とは多少異なる色を多重に乗せて、自分の色として描き出すこういった絵の方が、イメージ力を問われますので難しい気がします。
それだけに、面白味があるともいえますね。
コメントありがとうございました。

No title

PVにある「灰と幻想のグリムガル」の絵は独特なタッチですね^^
まるで、ヨーロッパの絵本を見ている様なバックです。
現役時代に、あんな絵を撮りたかったな~
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl