カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
天気予報
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

「極黒のブリュンヒルデ」アニメシナリオ会議には岡本倫先生も参加

 こんばんは、朱雀です。
 まだ6月に入ったばかりですが、暑さで既にバテ気味です……。

 情報ソースは毎日新聞デジタルWEBです。
■アニメ質問状 : 「極黒のブリュンヒルデ」 シナリオ会議に原作者も
 http://mantan-web.jp/2014/05/31/20140530dog00m200035000c.html
 Copyright 2013 Mainichi Shimbun Digital Co.Ltd All rights reserved.

 この記事によりますと、アニメ版「極国のブリュンヒルデ」シナリオ会議において、原作者の岡本倫先生も参加していたもようです。
 監督と脚本担当者たちを交え、キャラクターの口調や仕草、性格などの細かい設定について打ち合わせが行われています。
 アニメも後半に差し掛かり、切りの良い部分で一旦終了させる必要があるため、今後はオリジナル展開も挟み込みながら、多少の修正が加わると予想されますので、その辺りの部分についても原作者との意思疎通が行われたものと推測されます。

 アニメの場合、制作についてはアニメスタッフに丸投げするケースもあると聞いておりますが、今回のように、原作者がアニメ制作の現場に顔を出して詳細を煮詰めている点は、スタッフの制作に対する姿勢や意気込みを十分に感じることが出来ます。
 同じオリジナル展開を挟むにしても、原作者が物語に介入しているかどうかで大きく変わって来ますからね。

 新キャラのキャストも5月初旬に決まっているようですので、1期は藤崎真子が本格的に現れた辺りで終わりそうです(全13話予定)
極黒のブリュンヒルデ
 © 岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会

 最後に余談ですが――
 極黒のブリュンヒルデは、連載雑誌(週刊ヤングジャンプ)も捨てずに残しておいた方が良さそうですね。
 単行本では指定印刷ページ数が予め決まっている為、そのページ数に収めるために改稿(削除修正)が行われています。
 特に単行本第6巻では、「史上最大の修正」と原作者に言わしめるほど、大幅なページ数調整を行っています。
 作品の全てを堪能するには、やはり雑誌も合わせて読んだ方が、より一層楽しめると思います。

テーマ:極黒のブリュンヒルデ
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

No title

>>黒猫憑きさん
こんばんは。確かに仰る通りです。
商業的に見ましても、削除修正よりも加筆修正の方が、読者に与える購買意欲は全然違ってきますからね。

裏を返せば、印刷会社の経営も厳しいのかも知れませんね。
昔は多少の超過分も、長年取引があれば交渉で融通を利かせられましたが、今は難しいのでしょう。

いずれにしましても、やはり一番の被害者は作者ではないかと思いました。
掲載ページ数の管理などは、編集の仕事ですから……。

No title

>>TageSPさん
こんばんは。
実は私は、アニメの現場に原作者はもっと参加すべき派だったりします。
一方、現場のアニメーターの中には、そういった原作者に対して良い印象を覚えない人もいるようです。
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1798828.html

どのくらい口を挟むかといった、程度の問題だとは思いますが、難しい問題でもある事は確かですね。

原作の印刷ページ数に上限があるのは、予め販売価格が決められているからだと思います。
本当は連載時に調整しておくべきものですが、作者の筆がノリに乗っていたので、つい担当者も大目に見てしまったのでしょう。
コメントありがとうございました。

初耳

おひさしぶりです。
私は最近めっきりアニメを見なくなってしまったので、なんともいえないのですが、単行本の指定印刷ページ数については初耳でびっくりしましたね。
普通なら単行本の方により力を入れるものですが、ページ数の関係で削除というのはいかがなものなのでしょうか(゚д゚;)
普段雑誌を買わない私にとってはそういう事実は少し悲しいです。

それでは~ノシ

No title

こんにちは

私は、恥ずかしながら、ズブの素人で
「極黒のブリュンヒルデ」という作品に関しては、
全く知識がなく、今、検索して調べさせてもらっております。
面白そうな作品だと、感じております。

>切りの良い部分で一旦終了させる必要があるため

そうですね。
話を広げるのより、話をたたむ方が難しい。
という事は、よく耳にします。

なので、
シナリオを、書かれる方は、
本当に、ご苦労な去っておられると。
感謝申し上げます。

>単行本では指定印刷ページ数が予め決まっている為、
>そのページ数に収めるために改稿(削除修正)が
>行われています。

なるほど。
加えて、そういう事も、あるのですね。

私は、週刊誌など、雑誌を買わず、
気に入った作品の単行本のみを、買う人間なので。

そういった削られた話。というものにも、
興味がございます。
後々、再収録。とかがあれば、ありがたいものです。

ありがとうございました。
非公開コメント

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl