カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生が勉強しないのは採用担当者が原因だと考えます

 こんばんは、朱雀です。
 本日は就職活動について、少し触れようと思います。
 あくまでも主観による意見ですので、間違っている可能性は否定しません。
 ただ、どこかで負のスパイラルを断ち切るのであれば、ココだと思われるポイントを書かせて頂いております。

(元ソース)
■東洋経済ONLINE|勉強しない大学生が、量産されるメカニズム
 http://toyokeizai.net/articles/-/13540

勉強しない大学生の負のスパイラル

 ↑上記の図が、そのスパイラル構造を示しております。
 ここで一番重要視される点はどこだと思いますか?

 元ソースでの記事では各方面に対して気を遣っているせいか、どこが悪いとも書かれておりませんが、誰が見ても企業の『採用担当者』が一番の元凶です。

 学生も先生も、基本的な立ち位置は受動的であり、企業の採用基準に合わせて行動します。
 これは、受験制度というシステムから生み出された『傾向と対策』に慣れてしまった事に原因があります。
 ピンクの学生さんの意見が正にそれですよね。

 採用担当者がきちんと成績を重要視するようなれば、学生自身も勉強について見直しを始めます。
 そうなれば先生に分からない所を質問してくる生徒も増えるでしょうから、自然と先生も講義に熱が入るというものです。
 生徒のやる気が、先生のモチベーションを引き上げるのです!

 ではなぜ、採用担当者のスキルが低いのかについて触れてみます。
 彼らの多くは総務部に所属しているただの社員です。
(大手企業でも「人事部」として独立している組織は少ないです)
 社会保険労務士や中小企業診断士の資格は持っていても、面接に関わる資格などはありませんので、誰も面接についての専門的知識を有しておりません

 新人研修には力を入れている企業も、人事担当社員の研修には力を入れていない所が殆どです。
 人事に対して改革のメスが入らない理由としては、社内の様々な汚点と雇用に関する法的知識を有する彼らを敵に回すと『非常に面倒』だからです。

 現在騒がれているブラック企業が増えて来たのも、元を辿れば採用担当者が適当に人材を集めた事が原因だと考えています。
 図に示された通り、彼らの多くは人材の能力を考慮していませんが、「大卒で給与も高額なんだから、これくらいはやって貰わないと困る」として、能力以上のオーバーワークを要求して来るのです。
 これをRPG(ロールプレイングゲーム)のステータス風に考えると、非常に分かりやすくなります。

●バイトとサークル重視で採用した新人社員のステータス例
・仕事量:3 (攻撃値)
       ↓
・処理能力:2 (新人(勇者)の防御値) ←耐え切れない!
・奉仕力:6 (不満を言わない分、大事な局面で体を壊して思わぬ損失が出る)
・責任感:5 (処理速度には直接関係のない能力。ダラダラせず、すぐに終わらせれば必要がない)
・コミュ力:6 (営業以外使わない能力。私語で効率が上がるものかね?)
能力を考慮しなかった結果、採用した人材は奉仕活動や責任感、社交性はあるものの、仕事の処理能力は高くなかったという例です。

 過度のオーバーワークにより新人は退職し、それ以降は中途採用→オーバーワーク→退社→中途採用のスパイラルが始まります。
 いつも求人広告を出している企業の多くは、就業内容以前に採用担当者に問題があると言えますね。
 サービス残業が多い、給与が安い、休日が取れないなどの理由でブラック認定されている企業についても、結局は上記のスパイラルによって『業務が停滞した事によるシワ寄せ』に過ぎません。
 ベテラン不在で万年新人社員しかいないような企業では、顕著にそれが現れます。

■結論と提案
 採用担当者の研修システムを構築し、業種や職種に合わせた面接の専門的知識とノウハウを確立して、学生達の能力についてもきちんとした評価が出来るようにしていかなければ、日本の企業や経済に明日はないと知って欲しいです。
 甘えているのは学生ではなく、企業側であると断言しておきます。

■余談
 企業が求める人材のスキルの一つとして、コミュニケーション能力(コミュ力)を挙げておりますが、決して必須のスキルではありません。
 スキルとして本当に意味があるのは『営業職』だけです。
 それ以外の職業では、日常会話で受け答えが出来る程度の能力があれば十分です。

 私が今回の記事で採用担当者にスポットを当てたのは、何でもかんでもコミュ力を求める企業側の姿勢に疑問を持ったからです。
 あると便利な能力ですが、なくても困らない能力を重要であるかのように取り上げるのは、単に採用担当者の職務怠慢ではないかと思った次第です。
 上手く言えませんが、それは政治家のパフォーマンスに近く、難しい専門用語を並べ立てて呪文のように唱えるだけで、高度な仕事(ビジネス)をしているように感じますからね。

 正直な話、コミュ力などと言うものは後付でどうにでもなるスキルです。
 一種の慣れに分類されるものです。
 長く同じ職場で働いていれば自然と交友も広がりますし、苦手な人とも挨拶程度は出来るようになるものです。
 それを最初から望む今の面接システムは本当に意味がなく、それが『篩い(ふるい)』であったなら、なおさら採用担当者の選考能力を疑います。
 やっている事は『写真が傾いてる』『印鑑が傾いてる』といった類いと、大して変わらないのです。
 企業にとって戦力となる人材を、つまらない選考方法でしか振るい落とせない事をと思わなければなりません。
 また、管理職には必須スキルとして謳われておりますが、そもそも備わっていなければ管理職にはなれませんので、程度の差こそあれど、特に意識する必要はありません。何度も書きますが、慣れの範疇です。

■最後に……
 偉そうな事を申しましたが、それはあくまでも私個人の人生経験から得た知識と経験で感じ取ったものに過ぎません。
 転職自慢をする気は毛頭ありませんが、今の仕事(ライター)に至るまでには多くの企業で働いておりました。
 少なくとも職歴だけは20社を超えており、職種も畑違いのものばかりです。
 夜間高校卒の低学歴ですが、管理職としてマネージメントも経験していますので、実際に採用選考に立ち会った事もあります。
 採用の現場を知っているからこその、『採用担当者研修システム』の提案であると捉えて頂ければ幸いです。

テーマ:就職活動
ジャンル:就職・お仕事

Comment

No title

>>黒猫憑きさん
こんにちは。こちらで返信させて頂きます。

まずは、お気遣いありがとうございます。
炎上するほど読者は多くないので、多分大丈夫です。
著名人でもありませんから、そこまでの影響力はないと思いますので。

面接は仰るとおり、頓知問答にも似た内容が殆どですよね。
結局これも、ブログ本文にある「専門知識とノウハウ」が確立されていないからなんです。
能力を見抜けないから、質問攻めで反応を見て予想するのが今の面接システムです。
しかし、いつまでもそれでは進歩がありませんからね。
見抜けないなら見抜けるようなシステムを作らないと、ビジネスの世界で専門用語を並べて、他人に自己啓発だ何だのと、小難しい事を言ってる意味がありませんからね。

資格がないなら面接官の国家資格を新たに作るのもいいでしょうし、それが無理でも採用担当者向けの研修が行えるシステムを構築して欲しいというのが趣旨です。
脱・頓知問答こそ、これからの企業に必要なものだと考えています。
受け身姿勢の学校側については、その後でもいいと思います。
コメントありがとうございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl