カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

ボロボロのガタガタ

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も乏しく、ただの『アニメ好き』になっております。

脚本や小説等の文筆業をしていましたが、今は生活が安定していますので筆を折りました。アニメの感想などは、プロ直伝の知識を活かして、脚本面から切り込んでいきたいと思います。

◇好きなアニメ
アニメは基本雑食ですが、ロボット物やファンタジー物を特に好みます。

◇プレイ中のスマホゲーム
・アイアンサーガ
・アルテイルクロニクル(ギルマス)
・八月のシンデレラナイン
・ヴィーナスイレブンびびっど!

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去の仕事先

Catch the sky ~地球SOS~


友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

2020年冬アニメ ゆる~くいきましょう

 こんばんは、朱雀です。今年も無事に越せそうです。
 2020年の冬アニメですが、巷ではどれも期待値が高く、正直なところ的(まと)を絞れません。
 なので、私の個人的な好みだけで選びました。
 .hackに始まり、ソードアートオンライン、アクセル・ワールド、オーバーロード、ログ・ホライズン、ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?、ネト充のススメなど、ゲーム系アニメは比較的に外れが少ない傾向です。
 来年も肩の力を抜いて、ゆる~くいきましょう!


■個人的な好みで選出■

©海道左近・ホビージャパン/インフィニット・デンドログラム製作委員会


©2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

 『とある科学の超電磁砲T』や『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』など、期待の作品ばかりですが、あえて上記2作品を推しています。面白い事が既に分かっている作品に期待も何もありませんからねぇ。

★          ☆          ★

◆そして2020年も東方に帰る◆
 以前の記事に掲載できなかった動画を第九の代わりに掲載いたします。
 年末年始の休暇にぜひ!

©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.

 原曲の作曲者であるZUN氏は現代のモーツァルトだと思っています。
 誰もが楽しめるエンターテイメント性を持った音楽! それがZUN氏の作る曲です。
 管弦楽オーケストラへのアレンジは、まさに究極の形であると確信しております。
 ここで格言を一つ……『アマデウスもビール好きだった!』。事実です。

©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.


©上海アリス幻樂団/Copyright 2008 - 2019 東京アクティブNEETs. All Rights Reserved.

 原曲はどれも名曲ですが、この3曲が最近のマイブームです。
 平安時代の絵巻物『信貴山縁起(しぎさんえんぎ)』の主人公・命連の姉・尼君が元ネタとなった聖白蓮のテーマ曲です。
 弟の死を目の当たりにした白蓮は死を恐れるあまり、魔法、魔術、妖術などの下法を使って死に抗い、ついに若返りを果たします。
 例え悪魔と呼ばれ人界に住めなくなろうとも、確固たる強い信念と情熱で念願を果たす力強さを感じさせる曲です。

©上海アリス幻樂団

 日本の有名な伽話のひとつ、一寸法師の末裔・少名針妙丸のテーマ曲です。打出の小槌で少しずつ大きくなっていく様子が目に浮かんできます。

©上海アリス幻樂団

 純孤のテーマ曲です。純孤の元ネタは古代中国・夏王朝の人物『玄妻』の別称で、純孤の夫は嫦娥の夫でもあったようです。
 純孤の子供が夫に殺害され、嫦娥を深く恨むようになりました。関羽愛読の『春秋左氏伝』に記載があります。
 東方Projectは、物語の背景に目を向けると文学や歴史の勉強になります。もちろん幻想郷の物語ですので、世界観に合った形にアレンジされていますが、文学や歴史に興味を持った若者が増えることは教育的観点から考えますと非常に喜ばしい事ではないでしょうか。退屈な授業も楽しくなりそうです。(あっ
 その他にも、魂魄妖夢のテーマ曲『広有射怪鳥事(ひろありけちょうをいること)』も、後醍醐天皇の即位から始まる「太平記」の第十二巻に収録されている話です。興味のある方は検索してみてください。(NHKの大河ドラマじゃない方です)
 この曲は、しばらく頭の中をメロディがぐるぐる回り続けます。絶え間なく湧き上がる復讐心と悲哀を含んだ旋律がクセになります。

©上海アリス幻樂団

◆【東方Project】妖怪?神話?東方キャラの元ネタが面白い【元ネタ】◆

 リプレイ動画は会話シーンを飛ばす傾向がありますので、セリフも読める動画は貴重ですね。

©上海アリス幻樂団

 これが今年最後の更新となります。
 今年も当ブログを応援して頂きまして、まことにありがとうございました。
 来年も細々とではございますが続けてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。
 それでは皆さま、良いお年をお迎えください!

◆おまけ◆
 復活! おめでとうございます!


 前回の記事にて『別アカ』のTwitterについて触れましたが、今回、天鳳の運営から特別招待を受けての復活配信だったようです。
 メインは『楠栞桜さん』で、『柾花音さん』はゲスト兼応援係としての参加です。
 お二人の声が聴けて本当に良かったです!
 今後は、得意分野にてそれぞれの道を歩まれるようですが、時々コラボもされるそうです。

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

夜桜たま、猫乃木もち 引退 辛い……



 朱雀です。
 前回の記事のように、もう12人揃っての配信は二度と見る事ができなくなりました……。
 このような結果になってしまい、非常に残念です。
 事の発端などは辛すぎて私の記事では書くことが出来ません。下記のサイト様にある程度まとめられていますので、そちらをご覧ください。

どっとLIVE炎上!?夜桜たま「ファンを軽視している」

 ピノ様のYouTube配信に私もコメントしたのですが、今回の騒動の引き金になっているのは、運営の抑止力不足であると思いました。
どっとLIVE炎上続く。カルロ・ピノちゃんもお気持ち配信を。

 確かに運営側は、所属VTuberに対して誠意をもって優しく対応している事は容易に推察できます。だからこそ抑止力が甘く、曖昧になっているから今回の騒動が勃発したのだと思います。
 ピノ様のお気持ち配信も運営に止められたそうですが、こうして容易に配信出来てしまう環境が抑止力の甘さを物語っています。
 ブログにてもう一度書きますが、「内部事情は外に漏らさず、ファンの見えない所でこっそりやって下さい」と。

■あくまでも私見です。
 今回の騒動を経てもなお、私はドットライブ及びアイドル部のファンはやめません
 なぜなら、私は彼女たちの配信が好きであって、内部の事について知っても仕方が無いと思っているからです。
 スタッフでもない部外者がそれを知っても、どうしようもありません。運営を叱りつけるファンもいらっしゃいますが、本来配信というものは料理と同じで、その店の『味』として出された物を食し、旨ければまた行き、不味ければ二度と行かない。そのようなもので良いと私は考えています。
 どうすれば良くしていけるか? そういった事を考えるのは運営スタッフの仕事です。
 運営が自分たちの意見をないがしろにしていると、お叱りのファンもいらっしゃいますが、上記の通り、それは運営が考え実行するものですので、ファンの意見はあくまでも『要望』でしかありません。反映されるかどうかも結局運営次第です。

 個人配信のVTuberであれば、ファンも含めてみんなでコンテンツを良くして盛り上げていく姿勢で良いと思いますが、ドットライブには企画を立案する人、企画を通す人、配信の脚本を書く人、配信の準備とメンテをする人、配信を実際に行う人など、役割に応じた仕事を責任をもって行う大勢のスタッフがいる企業配信なのです。混同してはいけません。
 彼女たちとの距離が近すぎて、自分たちもコンテンツ参加者と勘違いをしてしまうのでしょうが、どれだけ距離が近くても、眼前には触れる事の出来ない不可視の厚い壁があるのです。
 好きなら黙って応援し、嫌なら見なければいい――それで良いのではないでしょうか。

 随分と血の通わない冷酷な私見で申し訳ありません。
 気が動転しており、上手く説明できませんが、アニメにしろ動画の投稿・配信にしろ、制作側より一方通行で「どうよ、これ!」と出されたコンテンツを心から楽しむには、必要な要素だけを残して不要なものは切り捨てていかないと楽しむことはできません。
 過去、エンタメ企業にかかわった経験則から『制作の裏側なんて絶対に見るものではないし見せるものではない!』と、十二分に理解したからです。
 なので、そういったドロドロした部分には精神保護のフィルターを通して、事務的に切り分けて考えるようにしているため、このような私見となりました。
 本当は辛くて、この気持ちのやり場をどうしようか考え、迷走した末にブログの記事に取り上げてしまいました。
 後になって思い返し、この件はそっとしておくべきだったかな……とも思いましたが、今更なので消さずに残します。

 ドットライブさんではありませんが、同じ企業勢のキズナアイちゃんの場合、画面背景に隠れて見えない所でも大勢のスタッフが働いています。アイちゃん一人の配信だけで十数人規模のチームで配信が行われているのが良く分かりますね。
 裏を返せば、我々ファンの言動(主にコメント)も、スタッフに筒抜けという事です。互いに節度ある言動が求められる理由がここにあります。

Copyright © 2018 Activ8 Inc. All Rights Reserved.
これ、事故じゃないですよ~

 二人の配信を今後見れなくなるのは悲しすぎます。
 馬Pも『モンペ発言』以降、表舞台に殆ど出なくなりました。
 プロデューサーという立場もあって、謹慎しているのだと思われます。

Copyright © All rights reserved. Appland, Inc

 もちにゃんはアイドル部の面接時に、歌が得意である事を隠していました。
 実は『絶対音感』の持ち主で、歌も得意な事が後に判明。
 トークも場慣れした上手さがあり、本当に残念でなりません。

Copyright © All rights reserved. Appland, Inc

 後述しますが、きちんと歌のレッスンさえ積めば、今以上に上手くなる素質を感じます。
 上から目線で申し訳ありません。私が感じたことを素直に文章化しました。

Copyright © All rights reserved. Appland, Inc

 ガリベンガーVでの出演もこれで見納めかと思うと残念です。

Copyright© tv asahi All rights reserved. /Copyright © All rights reserved. Appland, Inc

 楽しい配信をありがとうございました。
 たまちゃんともちにゃんの事は永遠に忘れません。
 Vtuberとしては卒業しましたが、魂のある限りどこかで別な形として復活することはできます。
 お二方ともに別名アカウントでTwitterを始められたようなので、まだ火は消えていないと感じております。
 昔から捨てる神あらば拾う神ありと申します。復帰すれば応援してくれるファンは必ずいます。私もその一人です!
 またいつかどこかでお会いできれば、これ以上の幸せはありません。

テーマ:バーチャルYouTuber
ジャンル:サブカル

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl