カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

2016年秋季アニメ 今更の選択

 こんばんは、朱雀です。
 7月より始まった「北高」での就業も、本日無事に任期を終えました。
 10月の終わりごろに角川さんが撮影に来ていましたが、混乱を避けるためにこっそりと行われました。
 どうやら涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ関連で、何かしらのCMに関係があるようです。
 詳細は話せませんが、乞うご期待! ってことでよろしくお願いします。

 本題の前に少しだけ触れておきたいことがあります。
 2016年秋期アニメも後半に突入しようとしていますが、各制作会社のスケジュール破綻が相次ぎ、散々たる状態に陥っています。
例)
・レガリア→ 3話でスケジュールが破綻し1クール休んで作り直し
・ブレイブウィッチーズ→ 4話が1週飛ぶ
・ろんぐらいだぁず→ 3話が1週弾ける
・オカルティックナイン→ 制作の都合で1話と2話の配信を中止

 結論から申し上げますと、やはりブルーレイ・ディスクの売り上げが伸びないからだと思われます。
 ブルーレイ・ディスクが売れず、生産すればするほど赤字といった爆死状態の続くスポンサー等が予算を出し渋るため、予算不足でアニメーターや声優さんのお給料が少くなり、食べていけるだけ稼ぐためには相応の本数を制作しないと生計を維持出来ないからだと思います。
 原作を扱う出版社やゲーム会社などのスポンサーは、アニメ化によって一時的に売り上げが右肩上がりに伸びますので、これらの予算を主軸に制作されているのが現状です。
 原作物アニメが殆どを占めるのは、そういった事情を抱えているからですね。
 秋期アニメより5分アニメが一気に増えたのも、スタッフの負担を軽減しつつ、捌く(さばく)本数を増やそうといった狙いなのでしょう。
たとえ5分でも、1本(1作品)だからです。

 また、本数を少なくするデメリットは予算繰りだけではなく、時流(じりゅう)とも言える、いわゆる人気のある原作の「旬」を逃してはならないという部分もあります。
 特にスポンサーサイドからすれば、旬の終わった原作をアニメ化しても、マーケティングによる回収の見込み額を高く設定できません。そのしわ寄せも、低予算制作という形でアニメ制作現場へと波及します。

 他にも放送枠の確保といった事情もあります。その放送枠をバラエティー番組などに取られてしまうと、放送するための枠を取り返さなければなりません。
 低価格な放送料がメリットの深夜放送枠を取り返すのは容易ではなく、早くても1年、下手をすれば数年先までその時間帯での放送が出来なくなります。
 制作しても放送出来なければお給料になりませんので、放送枠の確保と維持のために、常時アニメを枠にはめておく必要があるのです。
 来年は一体どうなるのでしょうねぇ……。

×     ×     ×

 やっと本題です。
 と言いましても書くことは少ないです。
 上記の理由もあって、見たいアニメが本数の割に少なくなっているのは確かですね。

 私が秋季新作アニメで選択したのは、この10作品。(お勧めという意味で)
・ドリフターズ
・終末のイゼッタ
・フリップフラッパーズ
・灼熱の卓球娘
・ブレイブウィッチーズ
・響け!ユーフォニアム2
・夏目友人帳 伍
・文豪ストレイドッグス 二期
・レガリア The Three Sacred Stars
・信長の忍び(5分アニメ)

他にも「Vivid Strike!」や「魔法少女育成計画」、「Lostorage incited WIXOSS 」と「SHOW BY ROCK!!#」など、書き漏れた作品もあるのですが、ベスト10とキリがいいので変更はしません。

 他には2クール目の――
・双星の陰陽師
 一応3クールまでは確定の――
・アイカツスターズ!

 私は戦記ものやロボットもの、ファンタジー系などを好む傾向があり、優先的にそれらを見ます。
 日常系は、時間に余裕がある時にしか見ません。
 1期を見た場合は2期も続けて見るため、日常系でも上記リストに含まれることがあります。
 結局、何を選択するかは人それぞれですが、視聴に迷った時の参考になりましたら幸いです。



 今期のお気に入りオープニングは「ドリフターズ」のGospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.です。

© 平野耕太・少年画報社/DRIFTERS製作委員会

 ギャグだけかと思いきや、意外とシリアスなオープニングで引き込まれます。曲もいいですね。

© 重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会

 魔法少女同士で生き残りをかけた殺し合いをする作品で、「まどマギ」をより残酷でえげつなくした物語になります。
 ただ、1クールで次々と死亡していくキャラを立たせていくのは至難の業ですので、シナリオライターは毎回胃に穴が開く思いで書いていると思われます。
 それでも「ねむりん」の回は、短いシーンの中でキャラの魅力を引き出せたと思いました。正直すごいです。
 一方、「ルーラ」の回は少々残念でした。「お茶くみ&コピー係の平OL」が、経営方針に関する意見提案書を上司に提出するシーンで、上司に受理されなかった為にバカ呼ばわりをして立ち去ります。
 会社や組織の仕組みとそれぞれの部署における社員と従業員の立場と役目などを理解していないと、上手く書けない(処理できない)ものです。
 提案の出来る部署で提案の出来る立場にあっても受け取らないのであれば上司が狭量でバカとなりますが、書き手の想像だけで書くと「それはないよ」となり、組織の仕組みを理解しないで意見を通そうとしたルーラの方がバカとなります。
 賢いキャラは書き手以上に賢く動いてくれませんので、扱いは本当に難しいのです。
なぜ会社は部署が細かく分かれ、部署ごとに管理職が置かれているのかということや、銀河英雄伝説においてラインハルトは姉のアンネローゼを救い出すために昇進を目指したかを考えれば答えは見つかります。

© 2016 遠藤浅蜊・宝島社/まほいく

 卓球版「咲 -Saki-」といった印象の作品。
 私の中では、今期五指(ベスト5)に入る良作になりそうです。

© 朝野やぐら/集英社・灼熱の卓球娘製作委員会

 現在のアニメ制作では、第3話に一旦小さなクライマックスを設けることが多いです。
 起承転結の中で8割を占める「承」を延々と見せ続けると盛り上がりに欠けて飽きられるため、「転」とは別の形で物語にメリハリをつける手法がとられています。
 最近よく言われる「1話切り」は論外として、一応3話まで見てから切る「3話切り」対策でもあります。
 それゆえに1話と3話にエースクラスのライターや演出スタッフを布陣させる事が多いので、今後の視聴の目安にもなります。 
 特にキャラクターが死亡しやすいのも3話付近が多いですね。イゼッタではモブの皆さんが……。

© 終末のイゼッタ製作委員会

 さて、次の就職先を探さないといけませんね……。
 短時間勤務のパソコン講師と不定期依頼のシナリオライターでは、私も食べていけませんので。

テーマ:2016年新作アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

『双星の陰陽師』アニメオリジナルキャラ・さえちゃんの正体

 こんばんは、朱雀です。
 あと2か月で今年も終わりですね。今年も色々とありましたが、大して前進しませんでした。
 シナリオもプロに師事しているので技術面は多少向上していると思われますが、どこにも応募していません。
 自分の中に、今のままでもいいかな……普通の会社員でいいだろうと、満足して甘えた自分がいたりします。
 上を目指してメジャーデビューできる人と、無名で終わる人の分岐点を、リアルタイムに垣間見ております。
 脚本(シナリオ)をプロに交じって勉強して役に立った事といえば、アニメを作画だけでなく、脚本視点で詳細に見れるようになった事です。変な例えですが、放送されたアニメの脚本を解体して丸裸に出来ます。
 
 暗い話はここまで。本題です。
 TVアニメ「双星の陰陽師」に登場するアニメオリジナルキャラクター・さえちゃんの正体について考えてみました。
 ほぼ物書きの直観で書いていますので、考察の類ではないことだけを、予めお断りいたします。

さえちゃん
©助野嘉昭/集英社・「双星の陰陽師」製作委員会・テレビ東京

 結論から申し上げます。
 さえちゃんは第16話 「陰陽師として」において、ケガレ堕ちした音海繭良から剥がれ落ちた元・ケガレだと思われます。
 さえちゃんの初登場は第21話 「双星新生」ですので、時系列で見ましても矛盾はありません。

○そう考えた理由
①髪の色が似ている
 見たとおりです。最初は、ろくろと繭良の娘が未来から来たかと思ったくらい似ています。
繭良
©助野嘉昭/集英社・「双星の陰陽師」製作委員会・テレビ東京

②ケガレ堕ちした人間を元に戻した前例がない
 故に何が起きても不思議ではない、ということです。

③婆娑羅(バサラ)の珠洲(すず)も、「特殊な匂いがする」と言っている
 少なくとも人間ではないようですね。

○結論
 双星の力によって繭良から剥がれ落ちたケガレの残滓(ざんし)は、浄化されて幼い少女の姿として禍野(まがの)に取り残された。それがさえちゃんの正体だと推測します。
(ケガレの欠片ですので体が小さくなったのでしょう。記憶は元々からないと推測します。記憶を持つ本体は繭良ですので)

○今後の展開予想
 アニメ版 第27話 「ひみつの繭良ちゃん」にて、空位となっている十二天将・白虎の後継者について触れており、その後継者が繭良になるフラグが立っています。
 原作を読んだ方は知っていますが、このフラグは折れません
 術の飲み込みが良く、吸収力の早い繭良ですが、戦闘経験が少ない為に術を上手く使いこなせません。
 さえちゃんと先に融合して潜在能力を高める事で、白虎の霊符を使いこなせる力を得るのだと思われます。
 実は凄い呪力の持ち主で、お守りによって封印されている(第8話)という公式設定もあるのですが、強大な力もコントロールして使いこなせないと意味がありませんので、融合する意味はあると思います。
 単に父親から白虎の霊符を渡されて使っただけでは、十二天将を名乗るには力不足という判断から生まれた追加エピソードだと思います。それを蛇足ととるかは見る人次第となります。
九位の婆娑羅「氷鉋」との戦いの最中、清弦に渡された霊符(白虎)と契約を交わし、十二天将となり清弦の後を継ぎ白虎となる。

 大幅に予想を外すのか? ズバリ的中するのか? 今後の展開に注目したいと思います。

●TVアニメ「双星の陰陽師」公式サイト
 http://www.sousei-anime.jp/

【追記】
 どうも私の予想は外れていそうですね。
 第28話を見る限り、どうやら傷つけられた「天御柱(あめのみはしら)」に関係がありそうです。
 そう思った理由は、さえちゃんのスキルが樹木系だからです。
 的外れな予想で、どうもお騒がせしました。

テーマ:感想
ジャンル:アニメ・コミック

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl