カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

早川書房GJ! 執筆の止まっていた新刊が次々と刊行

 こんにちは、朱雀です。
 今回の記事は、私にとっても朗報です!
 今でこそ『小説の原作は読んだ事がないよ』をステータスにしておりますが、以前は結構読んでいました。
 ジャンルの多くはSF作品ばかりでしたが、グイン・サーガのようなファンタジー作品も読んでいます。
 家の本棚にずらりと並んでいる小説の多くは、早川書房の本で埋め尽くされているのも特徴の一つですね。
 私が書く小説の作風に、多大なる影響を及ぼしている事は確かです。

 その早川書房が、今年に入っていい仕事をしてくれました。
 長期間刊行の止まっていた小説の3タイトルが、1月、2月、3月と立て続けに刊行されるとの事。
 良い意味で、作家さんたちの尻を叩いてくれたのでしょう。

 SFマガジン編集長の塩澤快浩氏のTwitterによりますと、1月に「敵は海賊」、翌2月には「クラッシャージョウ」、3月には「星界の戦旗」の新刊が刊行される模様。
新刊情報

 この3作品は全て読んでおり、どれも好きな作品です。
 特にクラッシャージョウは、私の中では『殿堂入り』を果たしているくらいに大好きな作品です。
(クラッシャージョウは、元々朝日ソノラマ文庫から刊行されていました)

 パソコンのパワーアップで少々金欠気味ですが(笑)、これはぜひ買って読まねばなりません!

テーマ:本の紹介
ジャンル:小説・文学

年末商戦や初売りも過ぎたこの時期にパソコンをパワーアップ……

 こんばんは、朱雀です。
 古来より、残り物には福があると申しますが、いま正にそれを実感しております。

 買い物をするにはやや時期外れですが、思い立ったが吉日という事で、急遽川西市にある某パソコンショップへと足を運びました。

 昨年の夏にCPU温度が50℃を超え、リテールクーラーの冷却能力に限界を感じていましたので、今年の夏を安全に乗り越える為に↓コレを購入しました。

 サイズ製のKOZUTI SCKZT-1000です。低重心で横に広いです。
 隣のメモリーに当たって干渉しましたが、多少横にズラす事でどうにか解決しました。
KOZUTI SCKZT-1000

 取り付け後に計測したHardware Monitorの数値は、こんな感じです。
 リテールクーラーでは負荷なしで36~38℃前後(冬季)の数値を示していましたので、効果的に冷えているのが分かります。
 3000円を切った価格でこの性能は、素晴らしいです。
HWMonitor

☆   ☆   ☆

 もう一つは、グラフィックボードを新調しました。
 今まではずっとオンボードチップを使用していましたが、処理が重くなるゲームも出始めたので、そろそろ卒業しようかと思い立った次第です。

 買ったのは中古品のXFX HD-587X-ZNFC(Radeon HD 5870)です。メモリーはGDDR5 1GBを搭載。
 新品当時は4~5万で売られていましたが、HD6000シリーズの登場以降は価格が半額以下になった経緯もあり、中古で11800円は買い得ではないかと思いました。
Radeon HD 5870 1024MB DDR5 DisplayPort HD-587X-ZNFC

 ボードが長く、厚みも結構あったので、取り付けに苦労しました。
 マザーボードの端子やコンデンサー類との干渉もギリギリな上に、ハードディスクのSATAケーブルも長さが足りず、かなり突っ張った状態になりました。
 ケーブルだけは、後日長い物を用意する必要がありそうです。

 それ以外は特に問題なく、起動時にファンが全て回っているのを確認して、いよいよテストに入ります。
 とりあえず「中身の確認」という事で、GPU-Zを起動。
HD-587X-ZNFC(GPU-Z)

 システムのエクスペリエンスも再評価を行いました。
 オンボードでは「4.3」という数値でしたので、かなりの高速化が行われた事になります。
 メモリ部分の評価が低めですが、これはメモリ搭載量に影響するようです。
 32bit版を使用している関係上、メモリを2GBしか積んでいないからだと思われます。
HD-587X-ZNFC(エクスペリエンス)

 FF14のベンチマークも走らせて見ましたが、思った以上にスコアが伸びません。
 やはりメモリの搭載量が少ないせいでしょうか……。
HD-587X-ZNFC(FF14ベンチマーク)

 良い意味で「新しい玩具」が手に入りましたので、しばらくはこれで色々と遊んでみる予定です。
 多少スコアを伸ばせる方法も、探せば何かありそうですし。

【追記】
 FF14のベンチマーク数値は、オーバークロック無しであればこれで普通らしいです。
 計測は「Low」(1280×720)で行いましたが、「Low」はCPUの性能が影響するとの事。
 ちなみに3DMark06でのベンチマーク結果は「15598」でした。
3DMark06ベンチ

 せっかくのDirectX11対応グラボですので、3DMark11も計測。
3GMark11ベンチ

 マザーボードも含め、手頃な価格のパーツで作ったパソコンとして見れば、これらの結果は満足出来る内容ではないかと思いました。

■関連記事
●ようやくうちのマシンもマルチコアに……
 http://suzaku7.blog87.fc2.com/blog-entry-481.html

テーマ:自作パソコン
ジャンル:コンピュータ

ファミ通文庫14回えんため大賞受賞作「四百二十連敗ガール」のアニメPV公開

 こんにちは、朱雀です。
 2013年1月30日にファミ通文庫より刊行される、第14回えんため大賞において見事大賞を受賞した「四百二十連敗ガール」(著:桐山なると/イラスト:七桃りお)のアニメPVが公開されました。

四百二十連敗ガール
 ©2013 ENTERBRAIN,INC,All rights reserved.

■FB Online|第14回えんため大賞 大賞受賞作品「四百二十連敗ガール」
 http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/02sp/02_1302Renpai/index.html

 アニメーションの制作は株式会社トリガー。
 元GAINAXに所属していた今石洋之さんと大塚雅彦さんらが独立して作った新しい会社です。

■株式会社トリガー
 http://www.st-trigger.co.jp/

 トリガーには、人物やメカ、エフェクトなどにおいて高レベルの作画で有名な吉成曜さんも所属しています。

【超作画】アニメーター吉成曜動画集【H.264高画質】


●ファミ通文庫14回えんため大賞 大賞受賞作アニメPV


 書店に本が並ぶ前から、アニメ化される事が前提になっているようですね。
 その先駆けとして制作されたのが、このアニメPVのようです。
 完成したアニメを早く見たいですね。

 ノベルも内容が気になりますので、たまには原作を買って読んで見る事にします。

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl