カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

好きなゲームを気の向くままに!

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

【訃報】 ドクロベエ役で知られる声優・滝口順平さん死去

 こんにちは、朱雀です。
 今年は本当に惜しい人ばかり他界されます……。

 声優・ナレーターとして活躍した滝口順平さん(80)が、8月29日午前7時33分、胃がんのため死去しました。
 葬儀・告別式は遺族の希望によって、近親者のみで執り行われるそうです。

 滝口順平さんは1931年4月17日生まれ、千葉県出身。戦後に発足したラジオ東京の放送劇団第1期生で、民間放送では初の声優として、近年まで数多くの作品に出演していました。

 洋画の吹き替えからナレーション、アニメ作品まで本当に数多くの作品に出演していましたが、中でも、アニメ「ヤッターマン」のドクロベエや、「ぶらり途中下車の旅」のナレーションなどが代表作として知られています。
 その他の出演作としては「ドラゴンボールZ」シリーズに登場するナメック星の神龍「ポルンガ」や「マジンガーZ」のブロッケン伯爵、「ルパン三世」のミスターXなどがあります。

 また、尚美ミュージックカレッジ専門学校のページでは、ドクロベエの声で「おしおきだべぇ~」の名ゼリフを語る滝口さんの姿を見ることができます。
 基本的に顔出しはNGとしていた滝口さんですが、ここでは素顔を公開。数多くの番組ナレーションを担当していたため、声を聞いたらピンと来る人も多いのではないでしょうか。

■尚美ミュージックカレッジ専門学校 ニュース&トピック(動画あり)
 http://www.shobi.ac.jp/library/news/voice-actor/post-77.html

■滝口順平 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E5%8F%A3%E9%A0%86%E5%B9%B3

 もうドクロベエさまの「ひかえるだべぇ~」を生で聞けなくなるかと思えば、非常に残念でなりません。
 謹んでご冥福をお祈りいたします……。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

永野護氏が心血を注いで作るロボットアニメ「花の詩女 ゴティックメード」 2012年春公開予定!

 こんにちは、朱雀です。
 最近になって、ようやく蝉の鳴き声が途絶え、夜には蟋蟀(こおろぎ)が鳴く季節になりました。
 季節の移り変わりは早いもので、もう9月になろうとしております。
 今年こそ上を目指そうと抱負を述べながらも、未だ行動に移せず。
 どうやら私の場合は「明日から本気を出す」ではなく、「来年から本気を出す」のようです……(汗)
 本当、気の長い話ですね。(と他人事のように話しておきますw)

 本題です。

 「重戦機エルガイム」のキャラクターデザインとメカデザイン、「ブレンパワード」のデザインなどを担当し、月刊Newtypeで連載されている漫画「ファイブスター物語」の著者としても知られる永野護さんが、全力を注いで作り上げている劇場長編アニメ「花の詩女 ゴティックメード」のイベントが、「キャラホビ2011」にて開催されました。

花の詩女 ゴティックメード
 ©EDIT

 イベント内容はトーク中心で、後はメインキャストの発表が行われました。

 これはキービジュアルとなるポスターです。
 いかにも永野監督らしいデザインですよね。
花の詩女 ゴティックメード ポスター
 ©EDIT

 この「花の詩女 ゴティックメード」は、角川書店65周年記念作品として製作されるようです。
 また、本作の原作者である永野護さんは、原作、監督だけではなくキャラクターデザイン、原画など八面六臂の活躍をしておられます。

 写真左から角川書店の井上伸一郎社長、永野護監督、川村万梨阿さん。
花の詩女 ゴティックメード 角川書店の井上伸一郎社長、永野護監督、川村万梨阿さん

 ちなみにイベント当日に着ている永野さんの浴衣は、川村万梨阿さんお手製の、ファイブスター物語に登場するフィルモア帝国柄の浴衣だそうです。
 むむっ! 言われないと気が付かなかったのは不覚!

 「本作を一言で言うと?」という質問に、永野さんは「ロボットものです。可愛い女の子と格好いい男の子が出てきて、訳の分からないロボットが出てきて、どんがらがっしゃんで終わるといういつものパターン」だと即答されました。
 現在制作進行中ですが、スタッフはかなり平均年齢が高いそうで、「最近、あのアニメーターさん名前を聞かないけれどどうしているんだろう?」と死亡説すら流れるほど有名な人も参加して作業を進めているとの事。
(まあ交友関係からある程度の予想はつきますけどね)

 ロボットアニメを見て育ちアニメの仕事に就いたという世界のスタッフが結集し、理想のロボットアニメをここで世の中にぶちかまそうじゃないかという意気込みで作っていて、「ザ・ロボットアニメ」みたいなものが表現できればいいなと思っている、と非常に楽しみなコメントもされており、意気込みを感じさせます。
 このコメントは結構重要かも知れませんね。永野監督が、今作品を見る人に一番見て欲しい――または感じ取って欲しい部分なのだと思います。

 ヒロインのベリン役は、もちろん川村万梨阿さん!
 「来ている人に、すごく白々しいですけれど……」と、前置きしつつの発表でした。
花の詩女 ゴティックメード ベリン

 ドナウ帝国のトリハロン役は佐々木望さん。
花の詩女 ゴティックメード ドナウ帝国のトリハロン

 キャストの発表が終わった後で、特報フィルムの上映が行われました。
 カイゼリン(ロボット名)が少し動いているところなどが見られましたが、永野さんいわく「いろんなものが隠されていて、それについては映画の公開まで隠しておこうかと思っています」という事でした。

 公開日時はまだ発表されていませんが、およそ「2012年春」頃になる予定です。
 また、ファイブスター物語の連載再開については、「終わり次第、ファイブスター物語の連載にかかります」と断言されました。
 ファンの人はもう暫くお待ち下さいとの事。

●劇場長編アニメーション「花の詩女 ゴティックメード」2012年春公開予定
◆スタッフ
原作・脚本・絵コンテ・原画・監督:永野護
作画監督:名倉靖康
美術監督:小倉宏昌
音響監督:若林和弘
音楽:長岡成貢

主題歌「空の皇子 花の詩女」
(作詞:川村万梨阿/作曲:長岡成貢/歌:川村万梨阿)

上映時間:70分(予定)
制作:オートマチック・フラワーズ/角川書店

◆キャスト
トリハロン:佐々木望
ベリン:川村万梨阿

■「花の詩女 ゴティックメード」公式サイト
 http://gothicmade.com/

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

以前紹介した超巨大ゾイド「デススティンガー」の雄姿!

 こんばんは、朱雀です。
 以前当ブログで取り上げました、千葉工業大学で製作していた超巨大ゾイド「デススティンガー」が無事に完成した模様です。
 お披露目は8月27日(土)~8月28日(日)に行われている「キャラホビ2011」のコトブキヤブース内で行われております。

■以前の記事
千葉工業大学でゾイドのデスステインガーを製作

 http://suzaku7.blog87.fc2.com/blog-entry-625.html

■キャラホビ2011公式HP
 http://www.chara-hobby.com/

■株式会社壽屋 コトブキヤ KOTOBUKIYA
 http://www.kotobukiya.co.jp/

キャラホビ2011

 ホビーゾイドと比べると、その圧倒的な大きさが分かりと言うものです。正に蛇に睨まれた蛙のようです……。
超巨大ゾイド「デススティンガー」

 正直、勝てる気がしない(汗)
勝てる気がしない

 そしてついに……
「漁ったどー!」
 哀れ二体のゾイドの運命や如何に! w
漁ったどー!

 動画も何本かアップされているようですので、早速見てみましょう。

■超巨大ゾイド型ロボット「モルガ」が可愛く動く様子


■巨大ゾイド型ロボット「モルガ」が可愛く首を振る様子


■超巨大ゾイド型ロボット「デススティンガー」起動の様子


■超巨大ゾイド型ロボット「デススティンガー」荷電粒子砲展開


■超巨大ゾイド型ロボット「デススティンガー」はハサミもぐりぐり動く


 デススティンガーの動きが遅いように感じますが、ステージが狭く、落下の危険性もありますので無茶は出来なかったようです。
 広いステージでは、もう少しグリグリと動いてくれるはずです。

 それにしてもカッコいいですよね。ロマンを感じずにはいられません。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl