カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記
blogram投票ボタン

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

誰よりも楽しく普通のこと

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

銃を持った40人もの強盗に、正義感からナイフ1本で挑んだ男

 こんばんは、朱雀です。
 いや~凄いですねぇ。この記事を読んだ時は、どこの映画? と思ってしまいましたが、これは紛れも無い『現実』でした。
 狭い電車内での乱戦の為、盗賊達が銃を乱射出来なかった事が幸いしました。
 しかしグルカ兵士はそういった状況も理解した上で戦闘を行っている訳ですので、何が幸いしたと言うのも変ですね……。
 恐らくこの人なら広い平地であろうとも、取りうる最善の方法で戦ったと思います。
(我々素人は、後になってからこう言うのです。○○が幸いしたと……汗)

 たった一人のネパール人兵士がレイプ寸前の被害者を40人の男達から守る
グルカ兵士ヴィシュヌ=シュレスタ氏

(記事本文)少しだけ脚色していますw

 35歳のグルカ兵士、名をヴィシュヌ=シュレスタという。
 ある日彼が電車に乗っていたところ、突然、ナイフ、剣、銃で武装した40人の屈強な強盗たちが電車を襲撃、乗客から略奪を始めた。彼はすっかり囲まれていたのだ。

 ヴィシュヌは強盗たちが他の乗客から、携帯電話、貴金属、現金などを奪っているときは沈黙を守っていた。

 しかしコトは動いた――。
 強盗たちが彼の隣に座っていた18歳の少女に掴みかかり、無理やり服を脱がせ全裸にしてしまったのだ。
 正面に座る少女の両親がどうすることも出来ず、哀れな娘を強盗たちが思いのままにしそうになっている。
 この状況を前に、ヴィシュヌは決心した――こんなことはもう沢山だ!――

「小さな女の子がは助けを求めて泣き叫んでいました。『貴方は兵隊さんでしょう? お姉ちゃんを助けて!!』」
 とヴィシュヌは回想する。
「私は彼女が自分の妹のように思えて来ました。だからとにかく彼女を強盗の魔の手から救ったのです」

 彼は持っていたククリナイフを引き抜くと、強盗達をちぎっては投げ、投げてはちぎりの大活躍!
 結果、強盗たちは3人が死亡、8人が負傷、他のメンバーは皆逃亡した。戦闘中、彼は左手にいくらか負傷を負ったが、今では回復しているそうだ。

■元ソース
 LOGIC-COOL NEWS
 Lone Nepali Soldier Defends Potential Rape Victim Against 40 Men
 http://www.logiccool.com/blog/591281-lone-nepali-soldier-defends-potential-rape-victim-against-40-men/

■動画ニュース(26分と少々長いです)
 Bishnu Shrestha's bravery

■グルカ兵 Wiki
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%AB%E5%85%B5

■ククリナイフについての動画
 Cold Steel Gurkha Kukri (coldsteel.com)

 ククリナイフはS字部分に引っ掛けるようにして、そのまま滑らせて斬るような構造になっています。
 力任せに斬るのではなく、引っ掛けた瞬間握った指の力はそのままに、手首の力だけを器用に抜きながら滑らせていく感じです。
 また付け根の窪み部分に相手の(細身の)ナイフを引っ掛けて圧し折る事も出来ますし、針金状のものを捻って加工するのにも使えそうです。

 更に投擲ナイフとしても使えそうな気がします。
 ブーメランのように、くるくると回転しながら突き刺さるのではないでしょうか。

 ちなみにこのククリナイフですが、以前私のリプレイ小説でも扱った事があります。
 戦闘シーンを描写する時には、その武器について色々と調べて書きますので、結構資料を読み漁った記憶があります。

 そしてこの「ヴィシュヌ=シュレスタ」という人は、アフガニスタンやイラクで実践を経験した歴戦の勇者だったようです……。
 盗賊レベルで勝てないのは道理ですよね。

 非常に物騒なニュースではありますが、インドの治安の悪さを垣間見る事が出来ただけでも、貴重な情報源とも言えそうです。
 仕事でどうしても行く必要がある場合には仕方ありませんが、観光で行くには厳しいのではないかと思われます。
 特に日本人などは「鴨が葱背負ってやって来た」ようなものですからね。

 身包み剥いで金品を奪った挙句に、人質として国から身代金も取れて「二度おいしい」のは日本人くらいなものです。
 興味本位でわざわざ捕まりに行くDQNもいますから、実に困ったものです。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース

「化物語」の前日譚「傷物語」のアニメ化は、テレビではなく劇場版?

 こんばんは、朱雀です。
 本日の記事は、少し古い話題と新しい話題の両方混在でお送り致します。

 2010年7月に、西尾維新の物語シリーズ「猫物語 黒」に封入されていたチラシによって、化物語の前日譚にあたる「傷物語」のアニメ化が発表されました。
 この「傷物語」には、「化物語」の前日譚にあたる「こよみヴァンプ」を収録しており、「化物語」に登場した阿良々木暦と忍野忍がメインキャラクターとして物語りは綴られております。
 製作は「シャフト」となっておりますが、まだこの時点では具体的な事は殆ど決まっていない状態でした。

 それと余談ではありますが、2010年1月頃に、前日譚「傷物語」と後日譚「偽物語」のBD&DVD予約受付がAmazon.co.jpで行われ、一時期騒然となった事もありました。
 もちろんこれは。Amazon.co.jp側の誤登録で、現在は削除されております……。

「猫物語 黒」に封入されていたチラシ
「傷物語」のアニメ製作決定

 そしてここからが新しい話題です。

 どうやらこの「傷物語」は、TVアニメではなくて「劇場版アニメ」として作られるようです!

■情報元
梅座流星群 それ町・打ち上げの夜(アニメ監督・梅津泰臣さんのブログより引用)
http://nailwonder.blog44.fc2.com/blog-entry-338.html

 新房監督や久保田社長とはたまに会ってたけど尾石君とは久しぶりの再会。
 化物語の続編映画の話しもチラッと聞きつつお互いに好きな映画の雑談や演出談議等、尾石君の思考が少し分かって面白かったな。

 梅津さんは2010年10月から12月に放送されたテレビアニメ「それでも町は廻っている」のオープニングアニメーションで絵コンテ、演出、作画監督を担当。
 その「それ町」の打ち上げが行われた時に、尾石達也さんと化物語の続編映画の話をしたそうです。

 風の噂によると、早ければ2011年後半~2012年春を目指しているとの事……。
 まだ憶測の段階なのに、噂の方は映画として確定されている所が面白いですね。

 シャフトは人気の高い製作スタジオですので、その忙しさは尋常では無いはずです。どちらでアニメ化するにしても、どうか無理のないスケジュールでじっくりと作って欲しいですね。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

アホが湧いて「春の到来」を感じてしまった……

 こんばんは、朱雀です。
 世の中には触らない方が良い事象も多々あります……しかしあえて触る事を厭わないケースも稀にあります。
 別に正義ぶるつもりもありませんが、流石にこれは度が過ぎていると思いましたので取り上げてみました。
 この記事を読んだ皆さんがどのように感じ、その後どのような行動に出ても、私は一切関知致しません。

 ただ一つ言える事は……店の名前のアイコン使って毒吐いてる貴方も私から見たら十分キモイですw
 毒づいて暴言吐きまくる貴方の姿も「ガキのマスターベーション」にしか見えないですね。
 何だ! 同じ穴の狢じゃないですかwww

(しかもアイコンが「イカ娘」に変わってますw これは盛大に釣られたかな?w

■とろけるチキン公式Twitter
http://twitter.com/torochicken

 一緒に弾けた会話の出来る「友達」が欲しかったんでしょうかねぇ……(^^;)

 飲食店の公式Twitterがブチギレ!「アニメアイコンの人はフォローしません」「アニメ好きにまともなヤツいない」
(ロケットニュース24より)
ロティサリーチキン専門店『とろけるチキン』の発言

■元ソース
http://rocketnews24.com/?p=68749

■恐らく事の発端
http://togetter.com/li/93253

(記事本文)
 飲食店の公式Twitterがブチギレし、暴言を吐いているとしてインターネット上で物議をかもしている。アニメ画像をTwitterのアイコンにしているユーザーに対して「アニメアイコンのヒトはフォローしません。好きじゃないから」や「だいたいアニメにはまっているヤツでまともなヤツを観たことが無い。文句ある?」と発言し、批判を浴びているのである。

 さまざまな飲食店や企業が公式・公認Twitterを開設して客とのコミュニケーションをとっているが、フレンドリーな態度の飲食店はあれど、客が不愉快に感じる発言をする飲食店のTwitterは非常に稀である。この飲食店は東京・阿佐ヶ谷のロティサリーチキン専門店『とろけるチキン』。この店の公式Twitterは、以下のような発言をして波紋をよんでいる。

ロティサリーチキン専門店『とろけるチキン』の発言
「アニメアイコンのヒトはフォローしません。好きじゃないから」
「だいたいアニメにはまっているヤツでまともなヤツを観たことが無い。文句ある?」
「なんか、言いがかりつけてんの?」
「ケンカ打ってんのw なら、かうけど。www」
「アニメアイコンは気持ち悪い」
「アニメのくせにw」
「ばかばかしい。所詮、ガキのマスターベーション」
「きっと まともな世間に受け入れられないヒトだから、、ま。やめとくわ。無知もいい加減にしろよ。じゃな。勝手にRTしなw」
(とろけるチキン公式Twitterより引用)

 インターネットユーザーと対等の立場で雑談をしたり、コミュニケーションをとったり、たまにはクレームを受け付けたりなどしている飲食店の公式・公認Twitterは多い。しかし、ここまでスタッフ(経営側)の持論をぶちまけている公式・公認Twitterはあるまい。

 それらの過激な書き込みに対して他のインターネットユーザーたちは、「いや、その、個人アカウントならいくらでも言っていいと思いますけど、お店のアカではどうなんすかね」や「言ってることもなんか急におかしいし。店のアカウントで毒吐いてるのをやんわりたしなめられて逆切れとか、どうなのかね。もう行かない。最悪だわ」、「不快を通り越して恐いのでもうほっとこう」、「客商売をしてるのに店舗イメージとかまったく気にしないんですね。ヤケになって開き直ってるけど、拡大したらどうするつもりなんだろう」などの意見を寄せている。

 ただ、アニメ好きというだけで人間性を否定するのはヤリスギかもしれない。アニメは趣味であり、その人の人格とはまた別のものである。ちなみに、『とろけるチキン』のチキンはかなり美味しいらしい。腕に自信があるからこそ、持論にも強い自信を持って発言をしているのかもしれない。


>腕に自信があるからこそ、持論にも強い自信を持って発言をしているのかもしれない。
 ↑この記事を書いた記者も、何だかよく分からない支離滅裂な文章を書いていますね……。
 調理の腕と持論(?)は全然関係ないですし、ただの暴言つぶやきが『持論』とか(笑)
  このわざとらしい持ち上げ方、いくらか貰ってるんでしょうかね。

 暴言のターゲットは「アニメファン」らしいのですが、撒き散らした暴言は「心の声」である以上、一般人のお客に対しても「何かしらの良からぬ感情」を抱いている事が容易に推測されますので、このような店で気分良く食事が出来るとは到底思えません。
 今回の件とは別の問題ですので、あえてここでは詳細を書きませんが……スタッフの教育も相当悪くて色々とクレームの多い店のようです。
 更に付け加えるなら、こういった事は他の同業者からも迷惑がられる上に、店舗のある町内や自治会からもさぞかし煙たがられる事でしょう。
 酒が入って云々は理由になりません。それこそ幼稚な言い訳です。
 会社でそんな事を言ったら、全社的に笑いものにされるくらい恥ずかしい理由です。
 反省してる文面も見て取れますが、既に手遅れです。世間の冷たい風を受けて頭と肝を冷やすといいでしょう。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl