カテゴリ
ブログ内検索
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記

RSSフィードリーダー
Archiveα+Daycount
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも様一覧

日だまり喫茶店 -felice

たっつんの日常日記

ボロボロのガタガタ

とある天邪鬼の暇生活

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

カキさんの面白いものを探し隊

とある猟奇の上段蹴撃

LEVEL5-judgelight-のギターソロが弾ける程度の能力を目指して

小説家になりたい小者の世迷言

独り身オタクとハムスター

踏切横丁

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

狐桜の体験記

洋画すきやねん

地方で副業ブログ

Henry Le Chatelier

ハレイロな日々 

★ Supaku Blog ★

ケフィアのまったりダラダラ

それでも地球は回ってる

さとしのブログ

Twiceのリリカルでマジカルでしかもvividな創作ブログ

Advance Every Diary~日録自叙伝~

ニコ動とアニメとゲームに追われる日々(>_<)

空を飛部

駄文日記を書いてる人

朱雀 翔

Author:朱雀 翔
はじめまして、管理人の『朱雀 翔』と申します。
兵庫県在住です。

良く言えば古き良き80年代アニメブームの生き残り。
悪く言えば化石化した元アニオタです。
現在はオタクと呼ぶには知識も少なく、ただのアニメファンになっております。

仕事は、パソコン教室の講師と文筆業のWワークです。
文筆業は主にインターネットを活躍の場とするゲームシナリオライターの仕事をしており、ドラマやアニメの脚本も書けます。
文章は凡庸で面白味に欠けますが、「誰が読んでも分かりやすい」との評価を得ております。

人見知りですので、初対面では口数少なく、大人しい印象を持たれます。

○好きなアニメ
アニメは雑食ですので、BL系や極端な幼児向け以外なら何でも見ます。

○その他
アニメやゲーム動画などの二次制作物を好みます。

こんな管理人ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

朱雀 翔の仕事先

宵闇幻影奇譚
現代伝奇ファンタジーPBW 宵闇幻影奇譚


朱雀 翔の異界(個室)
タイガ警備保障 心霊対策課『分室』バナー


あなたと!あるてぃめっとステージ あなたと!らぶてぃめっとステージ


↓以下、過去の仕事先↓
Catch the sky ~地球SOS~


バロックナイトイクリプス
友人サイト様
【~Ambitious~】えぼるぶ
登録検索サイト様・他

駄文同盟.com 【全創作系個人サイト検索エンジン!】 ディレクトリ型検索エンジンdtn 検索エンジン Mono Search

バナーリンク
カウンター

早苗さんのお告げ

訊きたい事を念じてから
早苗さんに訊いて見ましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年春アニメ 管理人が見ているもの

 こんばんは、朱雀です。
 忙しさを理由に4月からの春アニメ紹介が出来ず、申し訳ありませんでした。
 半年おきの更新だけが、このブログの存在意義でしたが、とうとうそれすらも守れなくなっています。
 やめるのは簡単なことですので、これからも不定期更新は行ってまいります。
 いつ更新出来るか分かりませんが……閉鎖はしないのでご安心ください。

 本題です。
 4月から放送の始まった春アニメですが、私はこれらを見ています
【追記】 シフトが変わって時間が空いたので、まとめて消化しました。
・こみっくがーるず  ←晩酌しながら気軽に見れるのが良い!
・信長の忍び ~姉川・石山篇~
・ヒナまつり  ←超能力どこ行った?
・シュタインズ・ゲート ゼロ
・Lostorage conflated WIXOSS  ←るぅ子&たまだけでも必見!
・ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
・ゴールデンカムイ  ←アシリパは可愛い それだけ
・魔法少女サイト  ←1クールでは尺不足で後半急ぎすぎ
・フルメタル・パニック!Invisible Victory
・東京喰種:re  ←才子を愛でるアニメ
・銀河英雄伝説 Die Neue These  ←ダイジェスト版
・蒼天の拳 -REGENESIS-
・ハイスクールD×D HERO  ←既に惰性アニメ化
・重神機パンドーラ  ←メカは最高! 後は……
・Caligula -カリギュラ-  ←私が脚本書いた方が面白い……かも

 最新話まで見続けてるのは以上です(↑数が増えています)
 今季、面白かった順位も兼ねています。

 見逃したアニメは結局見ずに終わりますので、将来も見ないと思われます。
 最近になってようやく『SHOW BY ROCK!!# (2期)』を見終わったくらいですので、昨年までに録画したままのストックが開かれるのは、数年先になると予想します。
 容量が足りなくなったら優先順位の低いアニメから順次消しているのが現状ですね……。

 春アニメは今更ですので、2018年アニメの番宣PV集を載せておきます。


☆     ☆     ☆

■追記
 次の更新は半年先になると思いますので、現在のマイブームを紹介します。
 アニメ『劇場版 響け! ユーフォニアム ~届けたいメロディ~』のブルーレイが発売されたので買って見たのですが、やはり良いですね。
 と事で、ディスクが擦り切れるほど見た訳ですが……ブログではYouTubeやニコニコ動画にアップされてる物を代わりに載せておきます。

 4月より劇場にて公開中の『リズと青い鳥』のロング版PVです。黄前ちゃんも、ちらっとだけ映っています。
 キャラデザが変わるだけで雰囲気もガラリと変わっていますね。
 リズと青い鳥は、原作『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章』より一部を抜粋した内容で、傘木希美先輩と鎧塚みぞれ先輩の二人が主人公のスピンオフとして作られています。
 黄前久美子ちゃんの出番は殆どありません。(一応セリフはあります)

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 曲はオリジナルのようですね。フルートも素晴らしかったのですが、オーボエは過去最高の演奏でした。
 メイキングにもありますが、演奏者の方々が、きちんと二人の心情を理解してくれた結果です。
 傘木希美という名の鳥籠から飛び立ち、天高く飛翔していく鎧塚みぞれちゃんを見事に表現しています。
 実はこの作品、ある仕掛けが施されていまして、当初は一人ぼっちの少女リズ=みぞれちゃんでしたが、後半になって青い鳥=みぞれちゃんと立場が意図的に逆転します。
 みぞれ=リズの立場ですと希美=青い鳥は絶対に手放しません。しかし、みぞれ=青い鳥と立場が逆転しますと、大好きな希美=リズの「鳥籠を出て(未来に)羽ばたきなさい」という厚意と願いを裏切れない――
 この仕掛けによって、自らを縛りつけていた『枷(かせ)』を外したみぞれちゃんの神演奏へと続くのです。

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

■リズと青い鳥を観た感想凄~くネタバレしてます
 ストーリーとしての内容はPVで殆ど語られてます。BGMも最高でした。
 歩くシーンが多かったです。尺稼ぎと言われそうですが、見るところはそこじゃありません
 希美ちゃんとみぞれちゃん――心境の変化による二人の距離と位置に注目です。
 当初、前を歩く希美ちゃんの後ろを少し距離を置いて歩くみぞれちゃんでしたが、PVの最後には並んで歩き、二人の距離はぐっと近いものになっています。
 脚本は小説と違って、目に見えないキャラの心情を文字に書けませんので、カメラを通して見ている映像として心情を表現しなければなりません。(心の声はナレーション扱いです)
 歩くシーンはただ歩いてるのではなく、心理描写を表すテクニックの一つです。

 ブルーレイが発売されたら、買って擦り切れるほど見れば新しい発見もありますので、噛めば噛むほど味が出る珍味のようなアニメと言えます。
 新しい発見の最たるものは、やはり1年生部員の登場です。この『リズと青い鳥』は映像の持ってる情報量が多く、メインのキャラクターが会話してる側(そば)や遠景にも部員が映っていて、多くの1年生部員がチラチラと映ります。
 セリフはありませんが、新キャラ設定と新レギュラー部員の楽器配置などは既に出来上がっていますので、音楽室という狭い空間の中でカメラを移動させた場合、新しく増えた1年生部員たちが映らない道理はないのです。

 原作を読んでる人は既にご存知ですが、吉川優子部長率いる新生・北宇治高校吹奏楽部は全国を逃します。
 上の方で書きましたが、希美ちゃんという名の鳥かごから巣立ちしたみぞれちゃんの神演奏は、手の空いている部員全員が聞き入ってしまう程で、感動のあまり泣き出す部員もいるほどでした。「本気の演奏が聴きたい」と言った高坂麗奈ちゃんも、呆然としながら演奏に聞き入ってしまいます。
 ただ、作中でも言われていますが、フルートとの心のキャッチボールが重要ですので、肝心のフルートのレベルが釣り合わず、そのあたりが全国落ちの伏線となっているように思えます。
 作中でも度々言われている『窮屈そうな演奏』とは、みぞれちゃんが希美ちゃんのレベルに合わせて加減しているのが原因です。
 鎧塚みぞれちゃんの本気の演奏は、誰の追従をも許さない高みの極みにあり、そういう意味では天高く羽ばたく青い鳥とも言えます。
 
 時期的にコンクール前のためホールでの演奏シーンは無く、全体演奏の描写は音楽室での練習だけでした。
 テーマは『未来への飛翔』ですので、これは仕方がないのかも知れません。
 二人の問題は円満に解決しましたので、安心して久美子ちゃんを主役に戻せます。

 映画をまだ見てない人は、映画を見る前の復習にどうぞ。
 描写も多く、リズと青い鳥の構想は既にあったことを物語っています。

 そして、リズと青い鳥へとつづく……
株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

■続いて
 朗報としては、2年生になった久美子ちゃんたち北宇治高等学校吹奏楽部を描いた新作劇場版を来年の春頃に上映する予定がある事ですね。
(映画化3本予定の告知は既に出ています)
・劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~
・リズと青い鳥
・劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~
 (正式決定タイトル)


 来年春に上映予定の新作劇場版です。タイトルも正式に決まったようです。
 久石奏ちゃんもバッチリ映っています。少し気の強そうな所が可愛いです。
 コントラバスとチューバも1年生部員を迎えており、低音パートも大所帯になりました。
 左から鈴木さつきちゃん、鈴木美玲ちゃん、久石奏ちゃん、黄前久美子先輩、月永求君
 さつきちゃんと美玲ちゃんは同じ鈴木ですが、顔見知りの他人です。
誓いのフィナーレ
株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 リズと青い鳥にもバッチリ登場しています。(14秒~大好きハグ

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 1年の時にトランペットパートのソロを誰が吹くかで揉めましたが、その後2年に進級して、新1年生を迎えたユーフォニアムパートでも、チート1年生VS3年生のレギュラー椅子取り問題が発生します。
 実は『リズと青い鳥』にも、ほんの一瞬だけ低音パートの練習風景が映るのですが、そこに1年生ユーフォニアム奏者の久石奏ちゃんが映っていたのを、どれだけの人が確認できたでしょう?
 予想としては、あくまでも久美子ちゃん視点で物語が作られているため、久石奏ちゃんVS中川夏紀先輩のレギュラー争奪戦をメインに展開しつつ、大所帯となった低音パートの話がメインとなるのは明白です。
 自分をアピールしてレギュラーになりたかっただけなのに、言動が裏目に出てトラブルを引き起こす不器用な1年生・久石奏ちゃんを筆頭に、2年になった加藤葉月先輩も再びレギュラー落ちになりかねない実力を持った今年の1年生部員たちは目が離せません。
 原作は前・後編に分かれており『リズと青い鳥』は後編に当たりますので、おそらく新作劇場版は、尺の関係で前編のみとなる可能性が高いです。
 もちろんコンクールの自由曲は、リズと青い鳥 第三楽章です。

 3期TVアニメ(仮)が作られるかどうかは現在未定ですが、映画のストーリーがどこまで進行するのかによって変わってくると思われます。
 『フィナーレ』と副題が付いていますので、これが最後のアニメ化になる可能性も考えられます。

 もしも、3期TVアニメ(仮)があるとすれば、メインとなるのは原作後編にあたるトランペットソロの交代劇が中心となり、全国落ちからの立て直しがストーリーの根幹になると思われます。
 劇場版ではあまりできなかったであろう1年生部員たちのキャラクターの掘り下げと育成に全力を注ぎ、リズと青い鳥の続きを描写しつつ3年生の進路も無事決まり、吉川優子部長たち3年生は、後輩たちに全国リベンジを託して引退・卒業。
 そして、黄前久美子新部長爆誕! で、原作『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章』は終了を迎えます。

 誓いのフィナーレ以降のテーマはズバリ『世代交代』です。
 全国出場を果たしたことで、北宇治も強豪校だった頃の勢いを取り戻し、本来であればコンクール上位入賞校を受験したであろう上手い奏者たちが、続々と北宇治にも入学してきます。顧問の先生が新しくなってからは例年オーディションが行われるようになりましたので、レギュラーの椅子取りとソロ争いは、吉川優子部長体制下でも繰り広げられます。
 トランペットやオーボエなど、一部のソロだけが抜きん出たワンマンな演奏では全国に届かなかった事なども含めて、新生北宇治吹奏楽部は多くの問題を抱えており、立て直しを余儀なくされます

●新生北宇治吹奏楽部の抱える問題
まず、1年生問題
1.「どうして私よりレベルの低い先輩がレギュラーなんですか?」と、3年生相手に穏やかじゃない発言で低音パートを大いに揺るがした1年生ユーフォニアム奏者・久石奏ちゃん
 新生吹奏楽部に不協和音をもたらし、低音パートの激震は部内全体の乱れへと波及します。
 1年前の高坂麗奈先輩を彷彿とさせる超新星で、真面目な秀才タイプ。強力すぎる爆弾アピールで自分を売り込む意識高い系を絵に描いたような娘ですが、思考と行動がかみ合わない不器用な所が魅力です。失言女王の久美子ちゃんが傍にいると『最強の失言コンビ』となります。
リズと青い鳥のPVにも映っています。PVの2分20秒の遠景にぼやけて映るユーフォパートに黒髪少女がチラッと……)

2.高坂麗奈先輩と肩を並べる実力を持ちながら、メンタル面の弱さから本番で実力を出せない1年生トランペット奏者・小日向夢ちゃん。
(久美子先輩たちと同じ北中出身で後輩に当たります。三つ編みおさげをサイドから肩に掛けた眼鏡っ子。眼鏡を外すと美少女確定!リズと青い鳥のPVにも大きく映っています。PVの2分10秒あたりにチラッと……)

次に、吹奏楽部全体の技量問題
3.吉川優子部長たち現3年生が引退すると、全国出場を経験した部員は当時1年だった久美子ちゃんたちだけとなる。
 下記『三日月の舞』の動画をご覧いただけると分かりますが、緑色の3年生と水色の2年生たちを消去しますと、赤色の1年生部員は人数的に多く感じますがパート単位で見ますと、決して多くない事に気づきます。3年生と2年生が卒部すると1年生が一人しか残らないパートも散見します。

4.パートのメインとなる中川夏紀先輩は大会出場未経験で、傘木希美先輩は中学以来2年間大会に出ていないブランクがある。
 パート練習はしても、年間において、全体での合奏をフェスタ以外に殆どしていないのは大きなブランクである。

5.夏紀先輩と希美先輩以外にも、レギュラー選抜に落ちて1年を棒に振った上級生部員(葉月ちゃんたちチームもなか)も多く、部内全体が下級生を全国に引っ張っていく牽引力に欠けている

 以上の理由により、来年以降も途切れることなく全国を射程にとらえ続けていくためには、部員個々のレベルアップと部内全体の立て直しが必要不可欠という結論に達した訳です。

 そして、物語の最も中心となるトランペットソロ交代の問題。
 高坂麗奈先輩が吹けば済む話に思えますが、後進の育成を決めた吹奏楽部では、才能のある下級生にもチャンスを与えて経験を積ませていこうという動きが活発化する中、麗奈先輩も自分のわがままを通せない状況にありました。
 しかし、麗奈先輩はあの性格ですので、簡単に譲ることはないでしょう。色々あった末にトランペットソロは1年生の小日向夢ちゃんが吹く事になります。
(ここに至るまでの優子部長と主要キャラ達の苦労は並々ならぬものだったとお察しください)
 小日向夢ちゃんをめぐるエピソードの中で、彼女のメンタルの弱さを克服するのに最も貢献したのが加部友恵先輩↓でした

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 思い出して頂けましたでしょうか? 劇中にも度々登場しておりますが、殆どセリフのない先輩でした。
(↓下記まとめ動画にも結構映っています。探してみて下さい。デカリボンの優子先輩の右隣にいることが多いです)
 加部友恵先輩は、顎関節症の悪化でコンクール前に休部しており、以降は休むことが多く登場回数が激減します。
 しかし、3年に進級してからは登場回数もセリフも増え、下級生を導く素晴らしい先輩へと成長しています。

 久石奏ちゃんも凄い奏者ですが、それ以上に凄いのは小日向夢ちゃんでしょう。
 メンタル面の弱点を克服し、あの高坂麗奈先輩にソロを譲らせた訳ですから、例え先輩たちの手を借りて弱点を乗り切ろうとも、高坂麗奈先輩を実力でねじ伏せ、認めさせた事実は揺るがないという事です。
 恐るべし、新1年生部員たち……。

 結論としては、上手い奏者集えど『訳あり』多し――

 ソロだけ優秀では全国に連続出場ならず、後輩にソロも奪われて『特別でなくなった』高坂麗奈先輩に残された道は、久美子ちゃんと二人でギャグ担当として物語に花を添えるしかないのでしょうか……?

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会


株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 個人的には、この娘の出番を増やしてほしいところです。
 吉沢秋子ちゃんです。このシーンだけで十分な輝きを見せており、只者ではない片鱗を見せています
 それもそのはずで、原作初期から登場している最古参キャラの一人です。アニメ化された時には既にモブ化が進んでいたため、名前が中々公表されませんでした……。
 初期段階では久美子ちゃんの友人予定の一人として設定され、作中に早々登場しましたが、パートの違いと内気な性格もあって久美子ちゃんと絡ませづらく、高坂麗奈ちゃんとの絡みが増えたために余地がなくなり、いつの間にか埋もれちゃった不遇の娘です。
(創作の世界では、プロット時と書き始めた後で、キャラの役割や絡ませ具合が変わってしまう事はよくある事です)
 この写真は『デジカメ記録係』の萩原笙子先輩(クラリネット)が撮っています。
 笙子先輩の卒部によって、秋子ちゃんが『デジカメ記録係』の大役を引き継いでいます。
吉沢秋子
株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

■動画集
~プロヴァンスの風~(個人的に大好きな曲です。カッコいい!)
●WISH Wind Orchestra
(北宇治の音に一番近いので、お勧めです)

Copyright 2007- Planning WISH. All Rights Reserved.

 下記『三日月の舞』を感慨深く見るためには、このエピソードは外せません。
 このエピソードを知っているか否かで、トランペットソロの部分の感じ方が大きく変わるからです。


株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会


株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 ~三日月の舞~
●TVアニメBD版(気になるあの娘の名前がこれでバッチリです)

コメントで名前が見えない時は↑吹き出しクリックで非表示
株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

●洗足学園音楽大学 (演奏日時:2017年10月22日(日)午後17時)
 北宇治高等学校の劇中演奏を担当したところです。
 劇中曲を生の音で聴けるというのが如何に凄いか分かります。感動しました。
 そして、劇中にて小笠原部長の言う『トランペットソロ部分の高いところ』を安定して吹く難しさを知る事が出来ます。

Copyright© Senzoku Gakuen All Rights Reserved.

 まとめ動画にも度々出てくるセリフ『ダッタン人じゃん』は、この曲です。
 3分10秒からの曲は、みぞれ&希美回で何度も流れています

Copyright© Senzoku Gakuen All Rights Reserved.

 ~宝島~
●アニメ劇場版

株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

●天理高校版 (サックスのソロが凄く上手いです。テンポは早めですね)

Copyright (C) 2007 Tenri High School Band. All rights reserved.

 ファン以外にはあまり知られていませんが、北宇治のライバル校として名前の出た『立華高校 吹奏楽部』のモデルになったのが、この京都橘高校 吹奏楽部です。
 立華の名前の由来は、橘→橘花(きっか)→りっか→立華!という流れから決まりました。
 作中でもマーチングに強い高校として紹介されており『水色の悪魔』という異名を持つほどの強豪校です。

Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

 実際にはオレンジを基調としています。レギュラー部員の数を見ても圧倒的ですね。

Copyright(C)Kyoto Tachibana high school. All rights reserved.

 マーチングはスポーツです。これは間違いないですね。
 行進で息があがってきたら、最後に物を言うのは気力と体力です。

Copyright(C)Kyoto Tachibana high school. All rights reserved.

 真打の登場です。
 劇中にて白いブレザー姿で颯爽と現れた全国常連校『清良女子』のモデルとなったのが、こちらの精華女子高等学校です。
清良女子
株式会社京都アニメーション ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 思い出して頂いたところで、まずはこちらの演奏をお聴き下さい。

copyright© 2016 Seika Girls High School All rights Reserved.
 ↑YouTubeのコメントで「低評価を押す人の気持ちがしれない」と書かれていますが、演奏に対してというよりも実名出して個人情報垂れ流してる身内コメントがキモイという低評価だと私は思いました。ネットで部員の名前出すのはNG.!

 難しい演奏ばかりする厳しいクラブの印象もありますが、そんな事はありません。観客と奏者一丸となって楽しんでいます。

copyright© 2016 Seika Girls High School All rights Reserved.

 全日本吹奏楽コンクール2017:金賞
 1.課題曲:Ⅳ.マーチ「春風の通り道」 作曲:西山 知宏
 2.自由曲:アウディヴィ・メディア・ノクテ 作曲:ヴェースピ
顧問の先生が変わっています。


copyright© 2016 Seika Girls High School All rights Reserved.
 映像がないのは大人の都合です。

■最後に
 本当にどうでもいい余談なのですが、ブログ管理人も中学時代は吹奏楽部でユーフォニアムを吹いていました。
 好きで……というのではなく、単に楽器が『凄く』余ってたから先輩に「ユーフォ、人少ないからこれやって」と、押し付けられて吹くことになりました
 ええ、人生そんなものです……。ドラマチックな楽器との出会いなんて中々ないものです。
 しかし、もう一度吹けるなら何吹く? って聞かれたら、やはりユーフォニアム!と答えますね。
 3年も吹いてたら愛着も湧きます。
 高校には残念ながら吹奏楽部はありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
class= class= class=tltl class=tltl class=tl class=tltltltltltlp class=tltltltltl